« 何が飛んでいる? | トップページ | 78点の法則 »

2007.02.05

糖鎖

今日は農学博士のお話を聞いた。

 

その中で、印象に残ったのは「糖鎖」

人間の遺伝子(ヒトゲノム)はすでに解明されている。

その次のゲノムの研究(ポストゲノム)は糖鎖、肥質 生体膜、細胞社会。

その中でも博士が注目されているのは、「糖鎖」なのだとか・・・

 

糖鎖とは核酸(DNA)、タンパク質に続く第三の鎖状生命分子。

タンパク質の表面にくっついていて細胞間の情報交換や相互認識の役割をしている。

核酸やタンパク質が全ての生物種に共通する部分が多いのに対し、糖鎖は、種による差違があるだけでなく、同一種においても器官、組織、細胞種等によって異なる。

糖鎖はこの世に、こんなにさまざまな生物がいて、さまざまな形態を持ち、さまざまな環境で生きていられる秘密を握っているらしい。

 

ノーベル化学賞を受賞された田中耕一さんの今のテーマも「糖鎖の分析」だとか。

糖鎖の研究が進んだのは、彼の研究のおかげでもある。

で、田中さんは会社のHPで、糖鎖の研究の半分くらいは日本にあると仰っている。

ぜひとも、頑張っていただきたいわ。

ヒトゲノムが解析された今、時代は「糖鎖」よ!!

   

糖鎖を紐解くことによって、

生体成分(タンパク肥質)の安定化

細菌・ウィルスの感染のメカニズム

ABO式血液型による個体差の判別

神経伝達物質の判別

がん細胞の判別

などが可能になるとか。

 

すでに、今年中には血液型に合わせたヨーグルトの発売もあるかも・・・・だとか。

自分の糖鎖により、有益な乳酸菌が違うんだって。

血液型占いも、あながち馬鹿にできない?

 

ブログランキングに参加しています。 

c-rawumber

←足跡をポチっと押すと、ワープ!

あなたの行き先は哲学・思想ランキング? それとも、エッセイランキング?

 

ストラディバリの製作したストラディバリウス、例の億と言う値段のつくバイオリンだけど・・・

そのニスの中には昆虫(鈴虫)の羽が入っているんだって。

それは鈴虫のように美しく響く音色にするため。

なんか、玉虫の厨子を思い出すなあ・・・

 

昆虫の羽はすべて、キチンオリゴ糖で出来ているという。 

 

あ、そうだ。

今日は、キチンオリゴ糖の話を聴きに行ったんだった・・・

|

« 何が飛んでいる? | トップページ | 78点の法則 »

コメント

ネット検索中【糖鎖で】にヒットしました!糖鎖の本が出ています四海書房から「いのちの鎖」ニュージェント博士著・・・とても糖鎖のことが分かりやすく書かれていて一押しの書!1996年にハーパー生化学【医学生の教科書】に初めて糖たんぱく質という8つの糖鎖の働きが掲載されてから、それまで細胞の周りについているゴミのようなものと思われていたこの糖鎖が体内でとても重要な働きを持っていることに世界中の科学者が気がつき始め、ここに来てどんどんと解明解析が進んできたのでね

投稿: 情報や本舗 | 2007.03.13 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何が飛んでいる? | トップページ | 78点の法則 »