« 不祥事続き | トップページ | 約束 »

2007.01.11

オーラの泉 「今、伝えたいメッセージ」

Dsc059121 今年二回目の「オーラの泉」は、「未公開スペシャル」

年明けの第一回目の放映されなかった部分と、美輪さん・江原さんが今伝えたいメッセージを特集。

――年末の「今、伝えたいメッセージ」を録画し損ねると言うとんでもないことをしてしまったのだけど、ここで見れて、嬉しい・・・

 

内容は、お正月特番のうち、「オーラの泉」に出演し、メッセージを頂いたことで、どんな変化が起こったかを過去のゲストが語り合うコーナーの未公開部分と、美輪さん・江原さん・国分君が「今、語りたいメッセージ」を語り合う部分に分かれていたので、それを、放送順ではなく、コーナーごとに並べ変えてみた。

 

★★「オーラの泉」に出演し、メッセージを頂いたことで、どんな変化が起こったかを語り合うコーナー。

★過去のゲストグループその1(雁屋崎省吾さん、森久美子さん、青木さやかさん)

その話の中で、雁屋崎さんに恋人が出来たと聞いた青木さんが、「いいな」と漏らしたときに、江原さんがいわれた。

「その人の苦労まで欲しいと思ったら、羨んで良し」

――表面の成功だけを見るのではなく、その成功のためにどれだけの努力があったかを思いやらなければ、妬み、嫉みになって自分が苦しむことになると言うことね。

    

★過去のゲストのグループその2(中島啓江さん、YOUさん、綾戸智絵さん)

「お正月には一番良い人になっていなさい。そうすれば一年中、良い人でいられますよ」と美輪さん。

ゲスト達は大喜び。(この収録は11月だったらしい)

ハレとケ・・・非日常と日常、生活のメリハリを日本人は大事にしてきた。

それを失くして、日本人は苦しいお酒を飲んでいると言う話になった。

「日本はステキ」と美輪さん。

―ーうん、自信を持ってそういう大人が、今の日本には、必要なんだよね。

 

★★美輪さん、江原さんが「今、伝えたいメッセージ」を語るコーナー。

★メッセージ1(私が見られなかった年末の放送の一部)

「人にパワーをあげようと思う気持ちがパワーを生む」

「人は修行をするためにこの世界に生まれる」

「あの世に持っていけるのは経験と感動だけ」

――いつものお二人の主張だわ・・・

 

★メッセージ2

「物質的には今の日本人はかつて無いほど豊かになっている。

だが、日本人は金持ちになったことが無いから、金の使い方がわからない」と美輪さん。

「得れば必ず失う」「お金を集めれば、お金では解決しない問題が起こる」と江原さん。

それを避けたいのなら、「喜捨」をする気持ちが大事。

小さな損を先にしておくと、大損が来ない。

それでも、もし何かで損をしたのなら、それをいつまでも悔やまず、新しいスタートラインと発想の転換をするように。

――美輪さんの「正負の法則」にはこのことがはっきり書かれているわ。

スピリチュアルばやりの昨今、同じことを言うような人はいるけど、美輪さんはこのことを何年も前に本にして発表していたんだ・・・・

 

★美輪さんの不思議体験

昔、美輪さんは地方講演に行って、ある女性から相談を受けた。

その女性は義弟(夫の弟)が結婚したいと連れてきた相手が気に入らない。

その気に入らない点は、その弟の恋人の首の痣。

美輪さんが視たところ、彼らは前世でも同じ様な設定で出会っていて、その相談者は、そのときも結婚に反対した。

そのために、義弟の恋人は首を突いて死んだ。

そのカルマを解消するために、今生で同じことを繰り返している。

「その結婚を、あなたは喜び、適えてあげなさい」とアドバイスし、彼女がそれに従ったところ、何も悩みが無くなり、その家族は、とても幸せになったという。

もし今回も彼女が反対していたら、同じことが繰り返され、このカルマは来世に持ち越され、また、同じ苦労をすることになっていたらしい。

――え? 私の苦労も繰り返し?

   

「人はパンのみで生きるのではない」と美輪さん。

今の世の中がこんなになってしまったのは、企業のトップが弱肉強食で来た連中だから。

彼らが弱肉強食の文化を提供してしまった。

彼らが心を入れ替え、レベルの高い文化を提供すれば、あっという間に日本は変わる。

そう美輪さんは見ておられるらしい。

「今が限界」、今、変わらなければ、彼らトップも、いずれ、子供に殺されるような事態になりかねないという。

これは予言ではなく、簡単な計算らしい。

そして、「人は何故生まれて何故生きるのか、生きる幸せは何かなのかを理解して欲しい」と江原さん。

 

最後にお二人から新年のご挨拶が・・・

(内容だけ抜書き。お二人はもっと丁寧な言葉で語られたので誤解なきよう・・・)

美輪さん:

(この番組を)ただ、妖しのような、占いのような、霊感のようなものと取らないで欲しい。

あの世この世の次元を超えて、生活の知恵を役に立つような真面目な番組をやっているつもり。

その知恵をどう受け取り使うか、決めるのはあなた、自分を助けるのは自分自身。

 

江原さん:

この番組を観て、助けてほしいと言う便りを貰うが、「人生の肩代わりは出来ない」

人生をどう生き抜くべきかと言うヒントをこの番組を通じて、毎回、送っている。

自力で輝けるように、ヒントを自分のものとして欲しい。

今年は「地 揺るがされるな」と言うメッセージを頂いた年なので、足元を揺るがせないよう、大人の感性で生きましょう。

 

――今年も「オーラの泉」の記事を書き続けよう!!

  

ブログランキングに参加しています。 

c-rawumber

←足跡をポチっと押すと、ワープ!

あなたの行き先は哲学・思想ランキング?それとも、エッセイランキング?

 

誰かに助けてもらおうとすれば、その誰かに利用されることになる。

誰かを助けようとすると、無私のお返しが頂ける。

この何年かで私が学んだのもそういうことだったなぁ・・・ 

   

|

« 不祥事続き | トップページ | 約束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不祥事続き | トップページ | 約束 »