« 風邪には安静が一番 | トップページ | オーラの泉 劇団ひとりさん »

2007.01.17

阪神大震災から12年目

買い物に行くと、納豆が消え、不二家のお菓子が消え、とニュースを実感することの多い最近。

ホワイカラー・エグゼンプションが成立したら、我が家から夫が消えるかもと心配(?)していたのだけど、見送りになったそうで・・・・

今日は阪神淡路大震災から12年目。

阪神地方は、見かけはもうあの震災から脱却したように見えるけど、個々にはさまざまな問題が残ったまま、まだ解決出来ていないことも多いらしい。

 

夕方のニュースにその関連からか救援物資の話題があった。

善意のはずの救援物資には、使用した下着や古い壷、穴の開いたなべ、ゴルフのパターなどが入っていて、それらを仕分けして捨てるのが大変なんだとか・・・

あらまあ・・・そういえば私も救援物資を送ったことがあったっけ。

それは、何か自分に出来ることを、と思ったからなんだけど、いろんなものが入っているほうが良いかと、生活にすぐに役立つようなものをあれこれと入れた。

でも、そういうものは仕分けしなきゃいけないので、迷惑らしい。

スンマセン・・・・

 

この件は、毎回問題になっていることだから、なんか、システムを考えたほうがいいよね。

たとえば、兄弟都市とか、姉妹国なんてのがあるように、災害時相互救援都市とかいうのが有って・・・・

救援物資は直接被災地に送るのではなく、被災地と相互救援都市になっている都市が引き受けて、きちんと、仕分けして、被災地に配るとか。

ボランティアの受付はその都市がして、身元がちゃんとした人しか、受け入れないとか。

被災地の混乱の中では負担になりそうなところを、きちんと、整理してあげるようにする。

で、その都市同士は、同じ被害が及ばないくらいの距離にすれば、なんとか、支援できるんじゃない?

 

そういうのって、明日にでもできるはずなのに、皆、自分のところは大丈夫と思っているから、出来上がらないのね。

政府も、政治や企業に都合の良いようなことはすぐにシステム化しようとするくせに、肝心のところが放ったらかしだし。

そういえば、総務省は、次期通常国会にNHK受信料義務化法案を提出予定とか。

まったく何を考えておらっさるのやら・・・

 

判り安すぎだよねぇ・・・もう少し腹黒さをオブラートに包む狡さを持たないと、政治家も官僚もまずいのでは?

それとも、自分たちが腹黒いと自覚していない?

内田先生は「『不二家』化する日本」と述べておられるが、どうやら、「不二家化」は国の中枢にも起こっているらしい。

  

ブログランキングに参加しています。 

c-rawumber

←足跡をポチっと押すと、ワープ!

あなたの行き先は哲学・思想ランキング? それとも、エッセイランキング?

  

それにしても、不二家は商品管理にかなり問題があったみたい。

カントリーマアム、好きだったのになぁ・・・・

|

« 風邪には安静が一番 | トップページ | オーラの泉 劇団ひとりさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風邪には安静が一番 | トップページ | オーラの泉 劇団ひとりさん »