« 11月ももう少し・・・ | トップページ | 選択のとき »

2006.11.26

ポロニウム

ロシアの元スパイが暗殺された。

使われたのは「ポロニウム210」

キュリー夫人が祖国ポーランドにちなんで名づけた放射性物質だそうで・・・

きっと、愛する祖国に捧げるつもりで名づけたのだろうけど、変なことで有名になりそう。

 

放射性物資を持ち歩いている人がいる?!

――おっとろしいわぁ・・・・

もしかしたら、日本にも持ち込まれている可能性だってあるし、「そうか、コレで日本を脅すことができる」と気づいたどこかの国が持ち込むことも有り得る。

物騒な時代になった・・・放射性物質が山ほど生産されてしまって、管理できなくなったということなのだろう。

そういえば、昔、ブラジルで子供が放射性物質と知らず、光る粉で遊んだって話があったっけ・・・

他にも結構、放射性物質の事故はあるみたい。

日本では、今この瞬間も、原子力発電所では高レベルの放射性廃棄物が生産されている。

その廃棄は密封して地中に埋めるとしているけど、未だに候補地も決まっていないらしい。

たとえ、どこかに埋めることが出来ても、何百年もその場所の管理が出来るものかしら?

その場所が何故危険なのかを、側に住んでいる人々すら分からなくなって、つい、掘り当ててしまうかもしれない。

放射性物質の中には半減期が何万年もかかるものもあるのだから、子孫に被害が出ないとも限らない。

小学生や中学生の頃に、二十歳になったら掘り起こそうとか、21世紀になったら掘り起こそうと埋めたタイムカプセルだって、埋めたと思う場所に無くて、超能力者の力を借りなきゃ見つけられないくらいなんだから、何百年も地中に埋めたものの管理なんて、出来っこないと思うのだが・・・  

 

――え? 子供も居ないのにそんな心配をしくても、って?

あら、私は子孫の心配なんかしていませんよ。

未来の自分が心配・・・

私なんか修行が足りないから、また、生まれ変わるに決まっている。

そのときに、つい、汚染された場所に生まれちゃうかも、じゃない?

それに、そんな場所を選びたくなくても、今のままじゃ、この地球全体が汚染されてしまうかも。 

 

私達はこの地球・宇宙の物質で所有しているものなんて、ひとつも無い。

全部、借り物。

だから、使ったら、元どおりにして次の人に渡すって、マナーの基本。

(とプロミスにも宣伝してもらおう)  

 

c-rawumber

ブログランキングに参加しています。

↑ポチッとよろしく!! 

  

キュリー夫人もきっと悲しんでいるのでは・・・

|

« 11月ももう少し・・・ | トップページ | 選択のとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11月ももう少し・・・ | トップページ | 選択のとき »