« 変化の時代 | トップページ | 匂いフェチ? »

2006.10.21

I LOVE ウンパルンパ♪

今日はレッスンに来た若い生徒達と、「チャーリーとチョコレート工場」の話題で盛り上がり、レッスン後におやつしながらDVDを観てしまった。

最近、マイブームになっている「チャーリーとチョコレート工場」

もう、何回、観たやら・・・

(そのたびにチョコレートを食べたくなるのは、少し、つーか、かなり、問題だけど)

もう、先の展開もすべて分かっているのに、ドキドキしちゃうのは何故?

ウンパルンパ役のおじさん(ディープ・ロイ)はこの映画で一人165役をしているとか、100万ドルのギャラを得たとか、身長は132センチしかないとか、ネットで調べたことを話すと、皆、大喜び。

ウンパルンパの歌が始まると、一人の生徒が踊りたくなると言い出し、皆、頷く。

本当に楽しい歌と踊りだよね。

そこから、どうして日本では、あんなに楽しい映画ができないのかと言う話になった。

この前に終わったNHKの朝のテレビドラマ、隣の市の味噌屋さんが舞台になった「純情きらり」も、最後には主人公があっさり死んでしまって、私の周りのおばさんたちはブーブー言っている。

日本の映画関係者やテレビ関係者には「シリアスで不幸なのが芸術」みたいな、変な思い込みがあるんじゃない?

と言う意見で皆の見解が一致した。

頼むからさ、見終わった後に爽やかで幸せな気分になれる作品を作って!!

もう、いい加減、不幸には飽きちゃった・・・・・

と言うのが、大方の日本人の感覚なんじゃないかしら? 

 

c-rawumber

 ←ブログランキング あなたの愛のポチを私に!! 

 

ウィリー・ウォンカ♪ ウィリー・ウォンカ♪

と歌いながら、今日もチョコを食べているオーガスタスな私・・・・

ps: この前、一緒に観ていた夫は私をヴァイオレットにそっくりだと言った。

   ただし、ブルーベリーになっちゃった後のことだけど。

  

|

« 変化の時代 | トップページ | 匂いフェチ? »

コメント

今日はジョニー・ディップ祭りをしちまいました。
今さっき、「パイレーツ・オブ・カリビアン」を観終わったところ……

朝のシリアルは鉛筆の削りカスなら、ドーナッツはなに?

投稿: MAKI | 2006.10.21 22:53

>日本の映画関係者やテレビ関係者には「シリアスで不幸なのが芸術」みたいな、変な思い込みがある
最近特に押し付けがましい作品が増えましたね

「チャーリーとチョコレート工場」は好きな映画の一つです
ミスタードーナッツでもジョニーデップ(ハニーデップが正しい)と注文してしまいます(^^

投稿: tak | 2006.10.21 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 変化の時代 | トップページ | 匂いフェチ? »