« オーラの泉 中村橋之助さん | トップページ | 河童からニャマトまで »

2006.10.27

虐待と呪文と

高校生が卒業できないと騒いでいるので、何のことかと思いきや、学校が予備校化していたらしい。

大学受験に関係ない科目をやったことにして、大学受験科目の授業を増やしていたようだ。

まあ・・・・

犠牲になったのは、世界史や日本史、地理、倫理、音楽・・・・

――楽しいものばかりじゃん!!

それで、数学や英語や現国ばっか、やっていたわけ?

そんな学校、行きたくないなあ・・・・

そんな高校なら、私は卒業できなかったよ、きっと。

世界史や日本史は授業を聞いただけで、平均点を稼げるラッキーな科目だったし、音楽はストレス解消になったし、体育は嫌いだったけど、数学と比べるとずいぶん楽しかった・・・

それにしても、優秀な人って、そういう科目でもちゃんと点を取っていたから、有名大学に入れるような子は、そんなことをして貰う必要はなかったのでは?

英数国を詰め込んで大学受験をしなきゃいけない子ほど、本当は世界史や日本史、地理、倫理、音楽が必要な子だったのでは?

高校時代って、自分の興味が何処に向いているのかを手探りする時期でもある。

その時期に、大学受験用の科目ばかりを詰め込まれてしまって、別の世界を見せてもらえなかった子供たちって、本当に気の毒。

これは教員による生徒への虐待?

 

一流大学に入らなくても、優秀な人、立派な大人はいっぱいいる。

人は遊び、無駄な知識を蓄えてこそ、豊かな大人になれる。

豊かであると言うことは、お金が無くても、地位が無くても、上機嫌で人生を過ごせる人間力ってことだからさ。

 

c-rawumber

←ブログランキング 数学嫌いの人もポチをよろしく!!  

  

この前、知人と虐めについて話した。

虐めは、もちろん、いけない。

だけど、虐めは、たぶん、どの世代にもある。

あってはいけないと言っても、有るものは有る。

だから、虐めに対する対処法を考えたほうが良い。

虐めを跳ね返すためのテクニック。

虐めをしたものが最終的には損をする社会のシステム。

虐めを無くそうなんて言うよりも、そんなものを作ったほうが良いのでは?

たとえば、虐めを消す呪文を作るとか。

この前、パイレーツ・オブ・カリビアンを観ていたら、船長に面会し、自分の主張が出来るという言葉があって、それを言われると、残忍な幽霊海賊たちも、言った男をすぐに殺すことは出来なかった。

あんなのがあれば、いいんじゃない?

その一言を言われたら、その子の側に近寄れないし、その子の悪口もいえない、そんな呪文・・・・

もし、それを破れば、破った人の一家は裁判に掛けられ、有罪となれば、その町を出て行かなきゃいけない。

ただし、呪文を言ったほうも、虚偽の罪を相手に掛けたら、そちらも同じように罰を受ける。

そんな呪文はいかが?

|

« オーラの泉 中村橋之助さん | トップページ | 河童からニャマトまで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーラの泉 中村橋之助さん | トップページ | 河童からニャマトまで »