« 暴風のデンパーク | トップページ | 北朝鮮が地下核実験をした日 »

2006.10.08

あるある・・・足裏ストレッチ

「今夜は『発掘あるある大辞典Ⅱ』を観るように」

という夫の申しつけがあったので、素直に観てみた。

・・・アルツハイマー国際学会?

ふうん、私がボケるか心配なのね。

なになに、芽キャベツに多く含まれている葉酸が加齢による脳細胞の炎症を防いで、脳年齢が5歳も若返る?

そうか、明日から、毎日、芽キャベツだな。

あれ?

でも、今日の本題は芽キャベツじゃないみたい・・・

今日の本題は足底筋刺激ダイエットらしい。

200個ほどの全身の骨うち、足裏の骨は四分の一以上の56個。

足は人体の精密機械なのだそうだ。

そういえば、足の裏には反射区っていうのがあったっけ・・・・

あれは部分部分が内臓を反射しているって言う理論だったけど、このダイエットはそれとは異なる理論らしい。

全身を廻っている血流は、足の爪先にも流れている。

立っている人間の場合、血流が足から心臓に戻って行くためには、ポンプが必要。

その役割をしているのが、足の裏の足底筋。

ところが現代人は運動不足や適さない靴を履くことによって、足裏筋をガチガチに固めてしまっているので、ポンプの役目を果たせなくなっている。

その結果、酸素の供給が少なくなって中性脂肪やコレステロールをためる原因になっているらしい。

ところが、「あるある・・・」が提案する一日10分間の足裏のストレッチをすると・・・・

うわ、凄いわぁ!!

被験者はそれだけで、3・4キロ、痩せている。

実験では、42個の足底筋が柔軟に動くようになり、何もしないときよりも二倍近く消費カロリーが増えている。

足裏ストレッチは、とても、簡単。

まずは「足もみもみ」。

足の親指と小指の付け根を両手で掴み、足裏の中心に向かって折り曲げる。

両足とも、広げては曲げを10回。

次に「足グーパー」。

青竹の上に、爪先を遊ばせるように足を載せて、爪先を上げ下げする。

下げるときはグー、上げるときはパー。

これも両足とも10回。

これだけで10日後には4キロ・・・・

――なるほど、夫は自分のメタボリック腹を棚に上げて、私に痩せろと言いたいのね。

早々と寝ちゃったところをみると、自分はいいから、私に長生きして欲しいっってことかしら?

ようし、やったろうじゃないの。

と言っても、青竹が無いので、花のラッピングペーパーの芯を青竹に見立てて、グーパーをやってみた。

結構、身体が温まる・・・・

10日後が楽しみだわ。

c-rawumber ←ブログランキング!! ポチっとしてね

 

皆さんもご一緒にいかが?

|

« 暴風のデンパーク | トップページ | 北朝鮮が地下核実験をした日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暴風のデンパーク | トップページ | 北朝鮮が地下核実験をした日 »