« あるある・・・足裏ストレッチ | トップページ | 未来に向かうカリキュラム »

2006.10.09

北朝鮮が地下核実験をした日

今日は生徒の柿畑で、柿狩り。

種類は、愛知県の一部と岐阜県の一部でしか甘くならない「筆柿」。

この柿は、他の地域で栽培してたら、確実に渋柿になるという代物。

同じ木から取っても、甘い柿と渋柿があるので、渋柿かどうかを調べる機械があった。

光を当てると、渋柿だと、綺麗に透き通る。

――キャ~、楽しい!!

調子に乗って、どんどん調べた。

と、例によってお気楽な一日を過ごしている間に、私に断りも無く、北朝鮮は地下核実験をしたらしい。

安部総理が中国から韓国に向かっている時間・・・相変わらず、子供じみた執着をしている?

とは言え、とうとう北朝鮮は核保有国になっちゃったわけだ。

イラクには核疑惑で踏み込んだアメリカは、何の資源も無い北朝鮮の核実験には知らん振りをするつもりかしら?

核兵器保有国にほぼ囲まれてしまった北朝鮮の盟友中国は、どう、出るかしら?

同じ民族が核兵器を持ったことになったのを喜んでいると言う説もある韓国。

だけど、核を持った北朝鮮に、対等に扱ってもらえるのかしら?

と、他人事のように心配した。

でも、一番問題なのは・・・・

誰が考えても、北朝鮮のミサイルが向いているという日本。

あの国の首領様の性格からして、首都東京、大都市大阪だけでなく、最近元気な名古屋や大トヨタの本社がある豊田市にも照準を合わせていそう。

この前、発射したミサイルのように、性能が悪くて、ちょっとズレたら、ここに落ちちゃうわ。

うわっ、危ないじゃん!!

荷造りしなきゃ!!

c-rawumber ←ブログランキング ポチっとご協力を!!

だけど、よく考えれば、核なんて世界中にあるのだから、どこに逃げても、無駄。

話が通じない相手に、いくら理を説いても、何の役にも立たないし、武力で立ち向えば戦争になってしまう。

――そっか、核が核分裂しなきゃ良いんだわ。

そういえば、ニュートリノで核兵器を無力化するという説もあったっけ・・・

核が化学分裂の賜物なら、化学式上で理論的に無力化するものが見つかりそうな気もする。

結構、簡単な、どこにでもあるもの、たとえば、小麦粉なんかで出来たりして・・・

でも、そうしたら、小麦粉の争奪のために戦争が起こるんだわ、きっと。

――人間から欲を奪うものこそ、最終兵器?

|

« あるある・・・足裏ストレッチ | トップページ | 未来に向かうカリキュラム »

コメント

TOMさん、ありがとうございます。

たぶん、あの国の首領様は「自分がいないのなら、世界は無くても良い」と思っているのでしょう。
あの国の体制を変えるのは、他の国ではなく、あの国の人々であるべきなのですが・・・


この前、宇宙戦争と言う古い映画のDVDを見ました。
そこで、アメリカ人は火星人への攻撃に核を使っているのですが、その核爆発を望遠鏡で見ているのです。
唖然としました。

核の爆発がどんなに悲惨な結果をもたらすのかを、アメリカ人も本当のところは知らないのでしょう。

日本人は核の悲惨さに口を噤んでしまった・・・もっと、もっと、その情報を世界に伝えるべきだったのかも知れませんね。

投稿: MAKI | 2006.10.13 18:42

おはようございます。
おりーぶの夫のTOMです。
今回の件では
「言向け和す」という言葉を考えさせられました。
飴玉を差し出しても感謝もせずにかっさらう。
力にものを言わそうとすると国民を盾と踏み台にして反発する。
どんなに棘の道でも「言向け和す」しかないような気がします。

でも、悪魔に通用するのかしら。
安倍さん頑張ってね。
国民みんなで元気を送りましょ!!


葛葉さん
お体ご自愛下さい。
益々のご健勝を心からお祈りさせて頂きます。

投稿: tom | 2006.10.12 07:42

あら、バージョンアップですか?

核爆弾、確かに怖いですよね。
でも・・・
犠牲者になるかもしれないと不安に思わなくても、大丈夫ですよ。
犠牲者よりも加害者になることのほうが、スピリチュアルの考えによると、怖いみたい。

いつかを心配して生きるのは勿体無い。
この瞬間、瞬間を大切にして、生きましょう!

投稿: MAKI | 2006.10.10 16:22

sugi改めtachiyaです。お久しぶりです。
核実験のニュース、思わず暗くなっちゃいますね。
明日から私たちには何ができるんでしょうかね・・・

投稿: tachiya | 2006.10.10 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あるある・・・足裏ストレッチ | トップページ | 未来に向かうカリキュラム »