« オーラの泉 村上弘明さん | トップページ | 瀬戸蔵と招き猫 »

2006.09.22

オタマジャクシはカエルの子

今日はあるところで、カエル20匹を背負った人の話を聞いた。

――20匹のカエル?!
  
一瞬、緑色のアマガエルが20匹、頭に浮かんだ。
それはそれで、可愛い・・・・ような?

――でも、なんで、カエル?
   しかも、20匹も!!

原因は、いたずらな男の子が良くやる残酷なカエル遊び。

――どんな遊びって?
   それは内緒。

生き物を弄び、死に至らしめる方法を、ここでお教えするわけには行きませんって。

都会で育った人や今時の男の子は知らないと思うけど、田舎育ちの40代以上なら、ご存知では?

ここで問題なのは、その遊びは「20匹のカエルに憑かれている人がしたのではない」ってこと。
彼は、お兄ちゃんのしているのを見ていただけ。

でも、カエルはお兄ちゃんではなく、彼に憑いている。

それは、その場にいた子供たちの中で彼が一番憑き易かったから。
彼とそのカエルたちは波長が合っちゃったらしい。

――そういえば・・・

私が初めて、そのカエル遊びの話を聞いたのは、もう、ウン十年前。
友人たちとスキーに行き、アフタースキーで、初めて会った男の子が、子供の頃、カエルで遊んでいたと得々と語った。

そんなことを自慢げに語るのには驚いたのだが、それよりも驚いたのは・・・・
彼は目と目の間が離れ、少し、ロンパリ気味、下膨れ輪郭で平坦な顔、「カエル顔」だったからだ。
友達に紹介されたときから、「どうしてこの人はこんなにカエルに似ているんだろう」と思っていた。

その頃はスピリチュアルのスの字も知らなかったけど、話を聞いて、「カエルの祟りに違いない」と瞬時に思ったものだった。

なので、今日の話を聞いて、「カエル20匹の君」も「カエル顔」に違いないと確信したね。

あら、いけない。
カエルが憑いていることによる障りについて聞き忘れたわ・・・・


――そういえば・・・・

子供の頃、おままごとをして、オタマジャクシを刻んじゃったことがある私。
一瞬、自分を取り巻いているオタマジャクシが思い浮び・・・ゾゾ。

c-rawumber ←ブログランキング!! ポチっとしてね


子供は純真で穢れない――なんて、妄想だ。
子供だからこそ、生命の重さも考えずに、自分の興味のままに、残酷な行為をしてしまう。

子供のしていることだからと見過ごすのは、その子供のためにならない。
その子が無用なカルマを背負うことになってしまうのだから。

――あれ?
  もしかして、私の体型は、オタマジャクシの祟り・・・・?

|

« オーラの泉 村上弘明さん | トップページ | 瀬戸蔵と招き猫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーラの泉 村上弘明さん | トップページ | 瀬戸蔵と招き猫 »