« 「ヒトラーの予言」を読んで Ⅰ | トップページ | オーラの泉 松岡修造さん »

2006.08.02

「ヒトラーの予言」を読んで Ⅱ

「1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、非常に多数の、新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。
一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、従わされる者たち。

人間がそうなるにしたがって、地球にも宇宙にも大変動が起こるのだ。
1989年以後、人類には宇宙から、かつてないカタストロフィ(大破局)が近づくのだ。
若いころ私は、『わが闘争』に、いずれ人間が大自然から復讐されると書いた。
それが1989年以後の状態だ。
人間が思い上がって宇宙の自然を犯すため、宇宙が人類に復讐の災厄を下すのだ。
そしてそれが人類を、想像を絶する究極の状態にみちびいていく。
私が生まれてから150年後、21世紀に来る究極に。
私自身もそれを霊感ではっきりと見てさえ、信じられないような究極に。」


「…(20世紀末は)たとえ表面はデモクラシーや社会主義の世であろうとも、実質はナチズムが支配していよう。
デモクラシーの国も社会主義の国も、われわれナチスの兵器を競って使い、殺し合い、社会は私の望むとおり、強く支配する者と支配される多数者に分かれていよう。
それは天変地異の期間でもある。
人類は大自然から手ひどく復讐される。
気候も2つに分かれ、激しい熱と激しい冷気、火と氷、大洪水と大旱魃が代わる代わる地球を襲うだろう。」


これは1939年のヒトラーの予言。
ここで、ヒトラーが言うナチスの兵器とは、ロケット弾、レーザー光線、中性子爆弾、原子爆弾などのことだ。

今日はイスラエルの空爆が再開した。
あそこで飛び交うロケット弾は、ヒトラーが自分の男根に擬えた兵器なのだ。

さらにヒトラーは新人類の発現を予言した。

「『超人(ユーベルメンシュ)』が現われる。
もはや普通の人間ではそういう危機を制御できない。
それに対応するため人類は超人たちを生み、超人が世界や気候を、人間や戦争を治めることになる。
つまり天変地異の下に生きる多数者。
それを支配する少数者。
その陰で実質的に世界を操る超人グループ。
これが、私の予知する21世紀の世界である。」


「2014年にはヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。
アフリカと中東も完全に荒廃する。
結局、いまの文明は砂漠しか残さない。
しかし人類はそれでも滅びない。
わがドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。
ただ諸君、それでも人類はいなくなるのだ。
いまの意味での人類は、そのときもういない。
なぜなら、人類は2039年1月、人類以外のものに“進化”するか、そうでなければ“退化”してしまっているからだ。」


「人類の一部はそのとき、人類から、より高度なものに進化して、神に近い生物になっている。
人類から神のほうへ進化するのだから、それは『神人(ゴッドメンシュ)』と呼んでかまわない。

残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、一種の機械になっている。
ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっているのだ。
それまでの気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異が、そのようなロボットのような人間を大量に生み出す。

神人のほうも同様で、同じ原因から生まれてくる。
ただ突然変異が大脳にプラスに働いて、進化の方向がロボット人間と別方向になるだけだ。
その前段階の『超人(ユーベルメンシュ)』たちも、より進化して神人になる場合がある。
いずれにせよ、彼らはいまの人間の数次元上の知能と力を持つ。
彼らは団結して地球を支配する。
それまでのあらゆる危機や問題は、彼ら神人たちの知能と力で急速に解決されていく。」


「人類は、完全に2つに分かれる。
天と地のように、2つに分かれた進化の方向を、それぞれ進みはじめる。
一方は限りなく神に近いものへ、他方は限りなく機械的生物に近いものへ。
これが2039年の人類だ。その先もずっと人類はこの状態を続ける。

そしておそらく2089年から2999年にかけて、完全な神々と完全な機械的生物だけの世界が出来上がる。
地上には機械的生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになるのだ。」

ヒトラーの予言は、この時点では、かなり現実に近いものになりつつある。

第二次世界大戦後、アメリカやソ連は、ドイツの科学者たちを自国に受け入れ、兵器やロケットの研究をさせた。
それはヒトラーが「あいつ」の力で視た未来の科学。
それらはそれまでの人間の想像力の域を超えていた。

つまり、その技術力欲しさに、大国の支配者たちが動いたことによって、ヒトラーの視た未来は実現した。


――ならば、これよりも先の予言を皆が知り、それを拒否するなら、違う未来が開けるかもしれない・・・・

 

人は未来を知りたいと、占いや予言や黙示録を読み解こうと必死になる。

だが、未来は、突然、そこにあるのではなく、今の積み重ね。
今、この一瞬の自分が造りだすもの。
何を選び、何をするかは、自分次第。
この三次元の世界にあっては、未来は確定したものではなく、幾通りもあるはず。


このことは、ヒトラー自身が教えてくれている。
彼はどこかで間違った。
だからこそ、彼はこの未来の主人公になれなかったのだ。


c-rawumber  ←ランキングに参加しています。ポチっとしてね

|

« 「ヒトラーの予言」を読んで Ⅰ | トップページ | オーラの泉 松岡修造さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ヒトラーの予言」を読んで Ⅰ | トップページ | オーラの泉 松岡修造さん »