« こんにちは、ドワーフ・プラネット | トップページ | なんじゃこら? »

2006.08.28

水色のワルツ

君に逢ううれしさの 胸にふかく
水色のハンカチを ひそめる習慣(ならわし)が・・・・・・・

「水色のワルツ」(藤浦洸作詞・高木東六作曲)

この前から、なぜかこのメロディと歌詞が頭の中でぐるぐる。
時には声に出して唄ってしまう。

きっかけは、たぶん、この曲の作曲家・高木東六氏が102歳で亡くなったと言う報道。
報道とともに、この曲が流れた。

歌謡曲嫌いの高木氏が唯一作曲した歌謡曲だった「水色のワルツ」
格調高く物悲しいこの曲は、子供の頃、「懐かしのメロディー」で聞覚えたものだった。


それがどうして、毎日、頭の中でぐるぐるかと言うと・・・斎藤君のせいだ。

そう、この夏、日本中を涌かせた甲子園優勝校・早稲田実業の斎藤投手。
「ハンカチ王子」だ。

連日の青色ハンカチの報道に、私が水色のワルツが頭から離れなくなったように、世の中は青色のハンカチに振り回されている。

スカーフやハンカチを扱う専門商社である会社の株まで高値をつけているとか。

全国のタオルの6割を生産している愛媛県今治市のタオル美術館の館長が、「タオル地のハンカチが人気を呼べば、安価な中国製品に押されている業界の構造不況にわずかでも光が差す」と話したととか。

ヤフーオークションで同じハンカチが5750円もの値がついているとか。

群馬・太田市の斎藤投手の実家にはファンが押し掛け、家族は自由な外出もままならない状態だとか。

物凄い影響力!

今日も、米国に遠征する日本高校選抜チームの結団式と初練習で、今治西高校の内野手がハンドタオルを配ったとかで、斎藤のシンボルだった青いハンカチが、かつてのライバルたちの心を1つにしたと、ワイドショーは大騒ぎ。

そういえば、ここ最近の高校野球のヒーローの名前なんて、覚えてないなあ・・・
去年は誰がドラフト一位だっけ?

今年は間違いなく、彼が一位指名されるだろうなあ。
大学進学という話も有るけど・・・・って、野球に興味の無い私がここまで知っていると言うのも、ある意味凄いわ。

ということで、私の頭の中で、まだしばらく、水色のワルツがぐるぐるしそうな気配。


c-rawumber ←ブログランキング、愛のポチを!


あ、「水色のワルツ」がどんな曲か知りたい方は、ググると、曲を聴けるサイトがいっぱいありますので、聴いてみてくださいね~。

|

« こんにちは、ドワーフ・プラネット | トップページ | なんじゃこら? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんにちは、ドワーフ・プラネット | トップページ | なんじゃこら? »