« チビが発生! | トップページ | キノコは野菜じゃない! »

2006.08.22

チビ猫その後

昨日のチビたち、今朝、気になって覗いてみたら、一匹しかいなかった。
残ったチビは、私を見ると、必死で棚の後ろに隠れた。
他のチビを探すと、母猫の実家の物置の横で遊んでいる。
これは、不味いかも・・・・

母猫が他のチビにお乳を上げて、このチビに上げに来るのを忘れたら、この子は餓死してしまう。
――よし、この子を他のチビたちのところに移動させよう!

だけど、人間が触ったチビを母猫が嫌うと聞いたことが・・・・

ビニール袋を持って、チビ猫のいる棚と石段の隙間に忍び寄る私。
さらに怯えて、棚と家の外壁の間に入り込むチビ。

そのうち、入り込みすぎて、通路に出てしまったチビはあわてて隣の家との間にある茂みに逃げ込んだ。
そして、そこから、隣の家との柵の隙間に入り、消えてしまった。


後で確認したところ、その子は、ちゃんと、他のチビたちと合流して母猫の実家の物置の横にいた。

――ふう。良かった・・・・

でも・・・・

「あそこはダメでちよ。こわいおばさんがいるでち」(チワトラさんとこの凛ちゃん風)
な~んて、他のチビたちに言っているんだろうなあ・・・・

昨夜、チビ猫の話を書いてから、「きっこの日記」さんにお邪魔すると、それこそ、チビ猫の話題が・・・・

私には到底、理解できないある作家の話。

スピリチュアルの考えでは、胎児とこの世に生まれたものとの間には、大きな違いがある。
これは、「前世・・・」について多くの書を書かれているブライアン・L・ワイスも、江原啓之氏も同じような見解を述べておられる。

まず・・・・

胎児の段階では、魂は肉体と一体化しているわけではなく、予約している状態。
この親の元に生まれないほうが良い。
生まれても自分の目的を遂行できない。
などと予約した魂が判断した場合は、流産したり、中絶させたり、生まれてもすぐに死んだりすると言う。

別にスピリチュアルの考えによらなくても、子供が産まれないように不妊手術をすることと、産まれた生命を崖下に投げ捨てることを、同一に考えるのは難しいと思うけど・・・・

――どうして彼女はこんな話を公表する気になったのだろう?

そう考えて、思ったこと。

彼女がこのエッセイを書く気になったのは、自分の行為を正当化するためと言うよりも、それを止めて欲しいと願うものが彼女の中にいて、その行為を糾弾されることを願ったから?

彼女のグループソウルは、そんな行動により、徳が磨り減るのに困っている?

そうとでも思わなければ、あの話は冷静に読めませんて・・・・


c-rawumber ←ブログランキング、応援ありがとう!

そういえば、今年の我が家の庭は平穏。
百日紅はようやく花の蕾をつけ始めたけど、ノウゼンカズラは今年は咲かないつもりらしい。

ちなみに、去年はこんな異常事態だった。


この調子で、平穏な年の暮れを迎えられますように。


|

« チビが発生! | トップページ | キノコは野菜じゃない! »

コメント

と思っていたのですが、夕方、家に帰ると、また、ミャウミャウと言う声が・・・・
今も聞こえています。

投稿: maki kuzuha | 2006.08.23 23:15

うん、アレはおかしな文章です。
何がしたいのか、どうしたいのか。伝えたいことが一体何なのか?全く理解できないです。

チビちゃんたち、母猫のオウチに移動したのね~♪家人が気付いて一緒に育ててくれることを祈りましょうか。

投稿: TORAねえちゃ | 2006.08.23 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チビが発生! | トップページ | キノコは野菜じゃない! »