« 優雅な方向 | トップページ | 始皇帝シンドローム »

2006.04.05

大脳と大腸の戦い

この前、「ある編集者の気になるノート」さんで紹介されていた、「あなたは何科向き??」というのをやってみた。

結果は病理医
病理医ってかなり我儘な人らしい・・・

そこには「臓器占い」と言うのもあったので、これもやってみた。
これは生年月日での占い。
私の結果は「大脳」。
相性の良いのは「甲状腺」と「膵臓」、相性の悪いのは「副腎」と「大腸」・・・

ついでに夫もやってみよっと・・・

――いやだ、あいつってば「大腸」じゃない!!

やっぱね。
どんな占いでも相性最悪の私達。
これも例外じゃなかったみたい。

さて、「大腸」の相性が良いのは「骨」と「心臓」、相性が悪いのは、「脳幹」と「脊髄」。

――あれ、変じゃない?
「大脳」の存在は?!

「大脳」にとって「大腸」は最悪なのに、なんで?
もしかして「大腸」ってば、「大脳」を無視している?
「大腸」は「大脳」のことなんか歯牙にもかけていない?
――許せん!!

これで、うちの夫がのんびりしている理由がわかったわ。
あいつにとって、私なんか、たいした存在じゃないってことなのね。

ふふふ、今晩の食事、思いっきり「大腸」に悪い物にしてやろう。
「大脳」を無視した報い、思い知るが良い!!
おーほほほ。

|

« 優雅な方向 | トップページ | 始皇帝シンドローム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 優雅な方向 | トップページ | 始皇帝シンドローム »