« 黄砂に思う | トップページ | オーラの泉 フジコ・へミングさんの出たスペシャル »

2006.04.24

オーラの泉 釈由美子さん

二日間の作品展が終わり、ようやく一息。
平均睡眠時間4時間の1週間が終わる。

そんな状態なので、「オーラの泉」をDVDに録画していて、ようやく見れた。

今回のゲストは釈由美子さん。
美しさに目が眩みそう・・・

でも、そんな釈さんは鏡が嫌い。
あんなにキレイなのに、コンプレックスの塊と自分を分析する。

――「違う自分になりたい」・・・ああ、そんな気持ちわかるわ。

美輪さんは「ハードルが高くて自分に満足できない事から来るコンプレックス」と分析される。

そうね、女の子って、どんなにキレイな子でも、ちゃんと自分のいやなところを見つけて悩んでいるよね。
キレイな人って、比較の対象がさらにキレイな人だから・・・

そんな釈さんに美輪さんは男性を見る目を養うようにとのっけからアドバイス。
そして、意地悪そうなおばあさんがいるわねとつぶやく。


さて、コンプレックスの塊だった釈さんの人生が開けたのは、19歳のとき。
その年はいろんなことが起こった年だったらしい。

夜中に気がついたら火事で、家が半焼!
交通事故に愛犬の死・・・ついにはプラットホームで線路に落ちたあ~?

そんな一年が終わると、突然、霊感が強くなっていた釈さん。
そして、なぜか、引っ込み思案だった彼女が就職活動のかわりにタレント事務所に履歴書を送ってしまう。
そこからとんとん拍子に人気女優になって、今や主役になるまでに。

その人生の転機は、彼女の前世とかかわりがあると江原さん。
でも、そのことを言い出そうとして、苦しそうな表情で江原さんは咽はじめた。

江原さんが視た情報をカードのように順番に並べようとすると、それをシャッフルする何者かが存在するという。
「自分の悪行を知られまいとしているのね」と思わせぶりな美輪さんの発言。

ぽつぽつと江原さんが苦しそうな表情で語った釈さんの前世。
それはなんともドラマチックだった。


***

前世の釈さんはとても美しいと評判の武家の娘。
そんな彼女に格式高い武家の息子が惚れこみ、結婚を申し込んだ。

ところが釈さんにはすでに愛する男性が・・・
彼女はその申し込みを断ってしまう。

それが不幸の始まりだった。

格式高い武家の家のおばあさん(母親?)はとても気位が高い女性。
自分の家よりも格式の低い家の娘が結婚を断るとは!!
と怒り心頭。

前世の釈さん一家の経済が立ち行かないようないろいろと手を打ち、意地悪を始めた。
それだけでは飽き足らず、とうとう、釈さんの家に火をつけるまで!!

このおばあさんが美輪さんが視たおばあさんだったらしい。

釈さんは火事で親兄弟を失い、花街に身を沈めるほどの苦境に陥ってしまう。
そして、ついには愛する人と心中。

***

――ほら、凄い昼メロでしょ?
「たわしコロッケ」並みの傑作になりそう・・・


そんな不幸で悲しい前世を引きずっていた釈さん。
自分の美貌が不幸の源になったのだから、単純に自分の美しさを喜べなかったのも無理はない。

19歳は前世の釈さんが亡くなった年。
そこから、本当の今生の釈さんになれたらしい。
女優になったのも、今生の釈さんの生が始まったから。

そういえば、鶴見辰吾さんの回でもそんなことがあった。
悲惨な前生の後って、大変なんだわ。

――鶴見さんは40前まで前世の影響を引きずっていたような・・・
引きずるのが前世で死んだ年までだったら困るよね。
前世で80歳くらいまで生きていたら、今生の生が数年で終わっちゃうかもしれないじゃない?

そうそう、霊感が強くなった釈さんはなんと、妖精が見えるようになった!!

妖精って羽があるきれいな女の子じゃなくて、ジャージーを着た普通のおじさんだったり、大仏頭のおじさんなんだそうな。
ただそれが10センチくらいの小さい人だそうで・・・

「ドンマイ ドンマイ」と慰めてくれた大仏頭のおじさん妖精を、釈さんは排水溝に流してしまったと言うけど、まあ、シャワーを浴びていたのだから、仕方ないじゃない?

と、なかなかに面白い今生を生きている釈さん。
心配なのは、意地悪なおばあさんの霊が今でも憑いている可能性があることだけど、とりあえず、お坊さんと風鈴屋の娘さんが守ってくれているらしい。

前世の家族を自分の美貌のせいで失ってしまった釈さんは、家族が大好き。
家を守りたいという気持ちが強くて、結婚をしたいと言う気持ちが薄いと江原さんは視る。

――美貌って、祝福だけでなく、一つの呪い?

正負の法則で、楊貴妃もクレオパトラも小野小町も幸せな末路ではなかったと美輪さんは仰る。
美貌が祝福になるか、呪いになるかは、自分では選ばないみたい・・・

今度から、美人を羨むのはやめよう。
平凡であることは、幸せなことのようだから・・・

|

« 黄砂に思う | トップページ | オーラの泉 フジコ・へミングさんの出たスペシャル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黄砂に思う | トップページ | オーラの泉 フジコ・へミングさんの出たスペシャル »