« 格差社会 | トップページ | 連休初日 »

2006.04.30

ヨーキーは進化しているか?

・・・春ですのん。
・・・外に出たいですのん。

朝から、フィン・フィンとなくサクラ。

サンデープロジェクトを観るのを中断して、里山に行くことにした。
格差社会のことが話題になって、お大臣様方が出ておられたけど、
格差社会の頂点に居る人たちが集まって話したって、絵に描いた餅ならぬ、絵に描いた鮫。
怖くもなければ痛くもない。
 

里山といえば、いつものここ。
06043014x 06043018x
 
 
  
 
  

 
出かける前は薄曇だったのに、着いた途端、青空が見える上天気に。


06043016x 06043017x

 
 
 
 
 

06043007x 
ぶらぶらと歩く。 
蓮華や菜の花、藤の花がゆらゆらと温かい風に揺れている。
筍がにょきにょき出ているところも・・・


 


穏やかな昼下がり、おたまじゃくしは生まれたばかり、アメンボは水上で休んでいる。
蝶たちは求愛のダンスを続け、蜂たちは暴走族のように飛び交っている。
名も知れぬ色とりどりの小さな花たちに囲まれ、新緑に染まって歩いている瞬間。

この瞬間は何ものにも換えがたい至福の時間・・・

フジコ・へミングさんのメッセージを思い出す。
「我々は十分に与えられている」

それに気がつかないだけだと改めて思う。


 
06043008x
引き綱を放すと嬉しそうに走り回ったサクラは次第に調子に乗り、呼んでも好き勝手な方向に走り出す。
慌てて追いかける羽目になってしまった。


 
 
 
 
二時間ほどで帰ってきたけど、サクラはほんの少し遊びに連れて行ってもらえれば、もう、満足して寝ている。
この子は野山に行って獲物を獲られなくても、嬉しいらしい。

――つまり、純粋に散歩を楽しむ「こころ」を持っている?

それは進化なのだろうか?
それとも退化しているのだろうか?

そんなことを考えた昼下がりだった。

|

« 格差社会 | トップページ | 連休初日 »

コメント

sugiさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

里山、良いですよねえ。


投稿: maki kuzuha | 2006.05.02 18:04

里山散歩、私も大好きです。
この間はホトトギスが大迫力で鳴いていました。
彼らは鳥なのにどうして藪の中にいるのでしょう?
危なくないのだろうか?などと思いました。
散歩を楽しむ心は、常に持ち続けていたいですね。

こちらのブログはおだやかな雰囲気がとても良いですね。
私も自分でブログを書いていますが見習いたいです。

何となくブログの方向性が似てるかな~、と感じていますので、よければ遊びに来てください。
http://kansei-channel.seesaa.net/
コメントやアドバイスがいただけたら嬉しい限りです。
よろしくお願いします。

投稿: sugi | 2006.05.02 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 格差社会 | トップページ | 連休初日 »