« 桜日和 | トップページ | 嵐なのに »

2006.04.10

ライオンと魔女と焼肉

昼前に出かけることになった。

夫は毎年、私の誕生日には休みを取ってくれる。
律儀な彼は、口を聞かない状態の頃も、誕生日だけは祝ってくれた。
今年はこの家に引っ越す前のように話せるようになったので、嬉しい。

――で、どこに行こう?

「ハリーポッターと炎のゴブレット」が上映されていた時期は、人ごみ禁止で、映画館には行けなかった。

インフルエンザの時期も過ぎたことだし、そうだ「ナルニア国物語」を観よう!
ということで、いつものシネコンへ。

2時過ぎの回を見るつもりで、チケットを買ってから食事をしようと決めていたのだが、チケット売り場に行って時間を見ると、12時35分。
12時半からの回の開始時間を5分過ぎているだけ。
――もしかしてセーフ?

売り場の女の子に聞いてみると、まだ、本篇には時間が有るとのこと。
昼ごはん代わりに、ホットドッグを買って滑り込んだ。


ナルニア国物語は現在7作が発表されていて、今回の映画は「第1章 ライオンと魔女」

第二次世界大戦下のイギリス、田舎に疎開した四人兄弟が、その家にあった古い箪笥からナルニアと言う魔法の国に行って・・・
愛と勇気と裏切りと恐怖と魔法がてんこ盛り。

――お人よしのビーバーも可愛いけど、キツネが好きだな。
ライオンは、別格だし。

子供達は・・・う~んと・・・子供ってあんなものなんだろうなあ・・・

ハリポタと比べて、ナルニアのほうが好きと言う意見も多いようだけど、私はハリポタが好き。
ナルニアは展開が読めるというか、分かりやすいと言うか・・・傾きが似ているのだろうなあ・・・

同じ傾きではないものに惹かれるのは、意外性を感じるから。
恋愛が間違いやすいのは、傾きが違うものを選んでしまうから。

一緒にいてほっとするのは、夫とは傾きが同じからだろう。
――なんて余計なことも考えた。


映画を観終えて、ショッピングセンターをぶらぶら。

スターバックスで抹茶ラテを飲み、サクラの春の服を選んだ。
最近、年を取ったせいか、彼女は寒がりになってしまい、以前は着なかった服を喜んで着るようになった。
私が今日一つ年を取ったように、彼女もdogYearを過ごし、犬の年を取っている。


夜はずっと行きたかった焼肉やさんへ。
汚いけど美味いって評判の店。

床が油でヌルヌルしていて、もう少しで転びそうになった。

肉を注文すると、最初にど~んと、大きなボールに山盛りのキャベツが出てきた。
少し濃い目の味付けの肉はキャベツと一緒に食べるとさっぱりして、いくらでも入っていく。

つい、食べ過ぎた・・・・苦しい・・・

勘定をして、奢ってくれた夫がつぶやく。
「や、安い・・・」
「誕生日、安上がりだったでしょ?」

(その代わり、6月には旅行に行かせてね~♪)

――もしかして、私って魔女?

|

« 桜日和 | トップページ | 嵐なのに »

コメント

NAOMIさんも、おめでとうございます!!

「年々にわが悲しみは深くしていよよ華やぐいのちなりけり」(瀬戸内寂聴)

の境地です。

身体のこと、心配頂いてありがとうございます。
おかげさまで、少し落ち着いてきました。
少し我儘に(かなり我儘に←夫の声)過ごしていますので、何とかなるでしょう。

そうそう、少し早いですが、ダンナ様にもHappy Birthday!!

投稿: maki kuzuha | 2006.04.11 13:10

お誕生日おめでとうございます。

実は私も4月生まれで5日前に誕生日を迎えたばかりです。(夫は明日です。)
真紀さんと同じ月、同じ星座だなんて、、、。
やっぱり縁があるんだろうなー。同じご先祖様が働いているのかなー。なんて一人で思って喜んでしまいました。
これからも、ブログ、小説、素敵な写真楽しみにしていますね!
でも、お体にくれぐれもお気をつけて、あまり無理をなさらないでくださいね!

投稿: Naomi 葛葉 | 2006.04.11 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜日和 | トップページ | 嵐なのに »