« 夢の結末? | トップページ | 春なので少々問題あり »

2006.03.21

フラワードーム2006 ♪

このところ毎日のように名古屋に通っています。

東名高速を使えば、我が家を出て一時間で名古屋の中心部に行けます。
でも、なぜか今までは行けなくて。
人間にもカタツムリのような行跡があって、それが残っていないところには不安で行けないけど、いったん、道が付けば、どんなに遠かろうが不便だろうが行けるのかも知れませんね。
名古屋行きが面倒ではなくなったので、名古屋で教室を捜そうかなどと考えてしまいました。

さて、フラワードームも明日で終わり。
長いような短いような・・・

エピソード1
一応、コンテストに参加していたのだけど、落選。
でも、審査員のお一人がわざわざ仰ってくださいました。
「惜しかったね。花が枯れて・・・」
そう、水遣りを頼んでいた人が行く途中で追突され、行けなかったので枯れた花が・・・
彼女の命に別状無かっただけでもラッキーとしましょう。

エピソード2
会場で生徒が聞いた話。
「これ、インパクトがありすぎて、あと三年はパクれないね」
――お褒めの言葉なんでしょうね?

エピソード3
ある生徒(かなり年配のかた)の話。
今回の花は各パーツを生徒が3交代で作り、全体で一つの作品に仕上がるもの。
彼女は説明を聞いただけでは分からなかったようで、自分の番が来る前に見に行き、同行した家族に「どれ?」と訊かれて、「? ? ?」
自分の番が来て、会場に行って、「やだ~、ここで写真撮ってきたのに!」

それぞれに楽しい(大変な!?)思い出ができたようです。
賞は大切だけど、それよりも、参加して得た思い出のほうがもっと大切。
予定外の病気をして、ひどい風邪も引いて、私の体調が万全ではなかったので、生徒達には迷惑をかけてしまったけど、それもまた、思い出。
今回参加してくれた彼女達は、ドームを見るたびに、「あそこで私の花を展示したんだよ」と、誰かに語り、私のことも思い出してくれるかも・・・それだけで、もう、私は十分に幸せってもんでございます。

ところで、見てくださった皆様、うちの作品、お分かりになりました?
・・・
  ・・・
    ・・・
      ・・・
       ・・・
こんなんでしたのよ!!

sirayukihimex「雪のように白い肌、血のように赤い唇
 黒檀のように黒い髪の娘を、
 どうか、授かりますように!」
 
 ある国の王妃さまの願い通りに
 生まれたお姫さまは
 「白雪姫」と名付けられました。

majox白雪姫が生まれてすぐに
 王妃さまは亡くなりました。
 やがて、王は新しい后を迎えます。
 とても美しい王妃さま。
 でも、彼女は恐ろしい魔女・・・

kagamix「鏡よ、鏡、
    世界で一番美しいのはだあれ?」
 新しい王妃さまが、魔法の鏡に聞くと
 鏡は答えます。
 「お后様、それはあなたです」

 
 ところが、ある日、鏡は答えました。
  『白雪姫が一番きれい!』


 
 

morix「さあ、お姫様、早くお逃げなさい」
 王妃に姫を殺すようにと命ぜられた
 家来は森に白雪姫を逃がします。
 白雪姫は小さな小屋を見つけました。


 
 


kobito_no_iex小屋には七人の小人達が住んで
 いました。
 姫は彼らの家で楽しく暮らします。


 
 
 


rinngox「森の中の小屋に住んでいる
    白雪姫が
      一番きれい!  」
 鏡の答えで白雪姫が生きていると
 知った王妃は、姫を殺そうと
 毒りんごを持って森へ。
 何も知らない白雪姫は、
 毒りんごを食べてしまいました。


 
 
 


siwokanasimux白雪姫の死を悼む小人達。
 悲しくて悲しくて・・・
 姫を囲んで泣いていました。
 
 
 


happy_endx 通りかかった隣の国の王子様。
 白雪姫のあまりの美しさにキス!
 すると、なんと――
 りんごの欠片が喉から飛び出て・・・
 白雪姫は生き返ります。

 白雪姫は王子様と結婚して
 幸せに暮らしましたとさ。
 めでたし。めでたし。

zenkeixわざわざ足を止めて覗き込まなければ見えないという、非常に我儘な作品。
でも、「ドームの中で一番幸せな花たち」
だって、あんなに多くの観客と一対一の関係を築けたのですからね。


ps 今も迷った生徒から電話が・・・<3/21 12:00)

|

« 夢の結末? | トップページ | 春なので少々問題あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢の結末? | トップページ | 春なので少々問題あり »