« 私的胡蝶の夢2006-3 | トップページ | ソフィーな出来事 »

2006.02.09

犬にはガンを発見する能力があるらしい

060209-1xさて、今日はいい天気だった。
朝のレッスンも終わり、一昨日、名古屋で買ったパンを食べることに。
ナッツとドライフルーツがぎっしり詰まったフランスパン、絶対に美味しいに違いない。
っと、パンに齧り付いた瞬間、テレビには可愛いワンちゃんが・・・続いてナレーションが流れる。
それを聞いて、思わず、パンの欠片が口からこぼれ落ちた。

――ぬあに~、ガンを匂いで嗅ぎわける犬がいるだと~?

しかもその発見率は乳がんや肺がんなら99%・・・・
振り返るとさっきまで隣の椅子に座って「それ欲しい」と吠え続けていた犬がいない。
捜すと私の足元で、こぼれたパンの欠片を盗み食いしようとしている。
口の中にそのパンの欠片を入れた犬を抱き上げ、

――サクラ!
私って臭かった?
乳がんの匂いがした?
でも、あんた、何も教えてくれなかったじゃない!

と、八つ当たりする。
えらく迷惑そうだった。

で、夕方、ネットで調べたところ、その話は結構有名らしく、もう、何年も前からのエントリーが・・・
アンビリバボーは2004年に放送しているし、こちらでも紹介されている。
そっか、ガンになるなんて私の予定には無かったものね。
気にしてもいなかったんだわ。

どの記事を見ても犬のガン発見率は凄い。
犬って凄い動物だ。
そう言えば、サクラは夫がドアを開ける5分くらい前から尻尾振って待っているし、誰かが訪ねてくるのも判るらしく約束の時間の2.30分前からそわそわしている。
でも、問題は我が家の犬に何かとんでもない能力やガンを発見する能力があったとしても、こっちに犬の訴えを知る能力がないことよね。
能力の無い私にあの子は何時もイライラしている?

それにしても、私のガンは5年も前に出来ていたらしいので、サクラは私に抱かれているときに、ずっとがんの匂いをかいでいたのかなあ・・・
それ以降、出会ったワンコ達はみな、私のこと臭いと思っていたんだろうなあ・・・

ちょっと、落ち込んだ。


|

« 私的胡蝶の夢2006-3 | トップページ | ソフィーな出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私的胡蝶の夢2006-3 | トップページ | ソフィーな出来事 »