« 営業 | トップページ | レッスン中 »

2006.01.29

朝まで生テレビ

「朝まで生テレビ」
起きている自信がなかったので、DVDに録り、半日かけて観た。
そこまでして観たのは、もちろん、板倉雄一郎氏が出ているから。

ところが、彼が何か発言しようとすると、司会者に遮られる。
「難しいから・・・」という理由で。
呼んで置いて発言させないって、虐めに近いと思うけどなあ・・・

板倉氏は難しい話をちゃんと噛み砕いて説明できる。
司会者ならそう言う風に持っていくことも出来たのでは?

まあ、菅直人氏と平沢勝栄氏の喧嘩腰のやり取りをあんなに延々と観せたように、番組の思惑は違うところに有ったのだろう。
堀江貴文の栄光と挫折を論って楽しみむためにこの番組があったのだとしたら、ホリエモンを攻撃せずに本質の話を始めた板倉氏は筋違いと言うことだ。

マスメディアの功罪のような話も有ったけど、そう言うテレビ局の姿勢こそ問題だ。
マスメディアの長たるテレビが、本質の話を難しいと切り捨てているから、今度のような事態が起こったのだ。
ホリエモンがどんなことをしているかなんて、私ら一般ピープルには判るはずも無かった。

一番近くにいて、ほとんど同じ敷地にあったテレビ朝日は、こんなことになる前にどうしてそのやっていることの危うさを追求しなかった?
ホリエモンに10回以上インタビューしたと言う司会者は、そのインタビューの中で、どうして、彼の欺瞞に気づかなかった?
もし、気づいていたのなら、どうしてそれを報道しなかった?
彼らが「難しいことなんか理解できない」と馬鹿にしている大衆に、どうして教えてくださらなかったのだ。

――大衆は難しいことなど理解し得ないと、本質の話を真面目にやらなかったあんたらに、一番の罪が有ったんじゃないのか?


司会: 田原 総一朗
進行: 長野智子、渡辺 宜嗣
パネリスト:
平沢勝栄 (自民党・衆議院議員) 菅 直人  (民主党・衆議院議員)
板倉 雄一郎(板倉雄一郎事務所代表)奥村 宏(経済評論家)
小飼 弾 (オープンソースプログラマー、元オン・ザ・エッヂ役員)
スコット・ハーズ(経済ジャーナリスト、「ホビーリンクジャパン」社長)
須田慎一郎(経済ジャーナリスト)永沢 徹(弁護士)
樋口 恵子 (東京家政大学名誉教授)本間正明(大阪大学大学院教授)


それにしても、尻尾が犬を振っている――名言だわ!

|

« 営業 | トップページ | レッスン中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 営業 | トップページ | レッスン中 »