« 2005年のクリスマス | トップページ | Happy New Year ! »

2005.12.31

2005年の大晦日に思うこと

今年も今日で終わり。
本当に様々な出来事が起こった一年だった。

漢字一文字で表現する今年は「愛」と言うのが世間の相場らしいけど、私の一年は「霊」と言う言葉になりそう。
春に母の導きで岐阜の霊能者の方にお目にかかって以来、しばしば霊についての話や霊性についての話を目にし、耳にするようにもなった。

その前の私は、漠然と人間はセミの幼虫のようなもの、今は土の中にいるけれど、死は消滅ではなく形態を変える事なのだと思っていた。
全くの偶然で、「シルバーバーチの霊訓」やエリザベス・キュブラー・ロスの著書に出会い、私の考えは間違っていなかったと確信を持てた。

11月の終わりに受けた人間ドックの結果、ガンの疑いありという診断が下ったときも、かなり冷静に受け止めることが出来たのはそのおかげだったのだと思う。
この病気については医師が迷っていて、手術の日程もたっていない。
病巣から採取した細胞の検査では陽性、つまり、ガンなのだが、MRIの所見ではガンではないということらしい。
その結果が出た日にがんセンターの誤診が発表されたりしたので、医師もかなりナーバスになってしまったらしい。

結果が出た次の日、岐阜の方から、暮のご挨拶のお礼の電話。
かなり前に送っていたのに、このタイミングで電話を頂いたということはと思い、病の話を申し上げたところ、心当たりが在るので一度いらっしゃいとのこと。
なるほど、そう言うことかと納得。
私は行かなければいけないらしい。

生きているうちに起こることで、偶然と言うものは一つも無い。
それが今年の私の結論だ。
すべては起こるべくして起こっている。
この一年、このブログにいろんなことを綴ってきた。
それがすべて証拠となっている。

だから、私は今、とてもワクワクしながら生きている。
身体は病を得てぼろぼろだが、心は毎日が楽しく出会うものすべてが愛しい。
来年、その思いを何らかの形で社会に還元できればと思ったりするが、さて、どうなるやら・・・

そういえば、あなた。
あなたはどうしてここにいらしたの?
検索で偶然?
偶然が無いならば、それには、きっと、何らかの含みが在るのでしょう。
幾通りもあるあなたの未来で、また、お会いできると良いですね。

良いお年を!

|

« 2005年のクリスマス | トップページ | Happy New Year ! »

コメント

きのさん、コメントありがとうございます。
こうやってコメントを頂くのも当然、必然。
これからもよろしくお願い致します。
今年がきのさんにとって良い年でありますように。

投稿: maki kuzuha | 2006.01.04 14:17

あけましておめでとうございます。
そして、はじめまして。

僕は、「板倉雄一郎」検索でこちらに
たどりつきました。それから、
書かれている文章を読んで
文章に感じるものがあり
ちょくちょく読んでいました。
コメント書くのは初めてですが
多分、ここに着たのは必然でしょう。
更新は、ゆっくりされるそうですが、
これからも読みに来ます。
楽しみにしています。

投稿: きの | 2006.01.03 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2005年のクリスマス | トップページ | Happy New Year ! »