« 北帰行 | トップページ | 秋のおすそ分け »

2005.11.23

あなたに感謝!

穏やかな日。
小春日和の一日、暖房を入れずに窓を開け放していても十分暖かかった。

朝から庭の手入れ。
伸びに伸びた百日紅とノウゼンカズラの弦を切る。
ノウゼンカズラの蔓は葉を落とすとリース台が二つも出来た。
今年の我が家のリースは自給自足?(笑)
明日はこれをちゃんとしたリースにしよっと。

それにしても山のように出たゴミ。
ふうふう言いながら、ゴミ袋に詰めたら三袋も出来た。

その後、頼まれていたリースを作り、会場花をを届けに、いつもの会館へ。

勤労感謝の日なのに、良く働いた今日の私。

出たついでにちょっと遠出して、隣の市のニトリに行ってみた。
ニトリはファブリックや、ガーデニンググッズが結構お値打ち。
暮に換えるものをあれこれと選んでいて、安い電飾電球を発見。
つい、衝動買いしてしまった。

家に着くと、もう暗くなっていたが、すっかり枝を払われ寂しくなった百日紅に電飾電球を巻いてみる。
――うん、いい感じ!
電球がちょっと少ないけど、あなたにはぴったりだったね。

去年、カビカビになってダメかと思い、春先に、かなり短く切ってしまった百日紅。
健気にも今年もちゃんと枝を伸ばし咲いてくれた。
電飾は百日紅へのちょっとしたお礼の印。

明日、11月の第四木曜日=サンクスギビング・ディを過ぎると、クリスマスの飾りつけは本番。
こんな楽しい季節なのに、まだ我が家のリースは作りかけ。
うかうかしていられない!

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね

閑話休題。

最近、不慮の事故で足の指を失った友人がいる。
それだけでその人は歩くことにも、正座することにも、とても苦労している。
すべてが過不足なく揃っているということは、それだけで素晴らしいことなのだと、その人の話を聞いて思った。

だが、世の中には五体満足でありながら、自分に足りないものが有る、自分は恵まれていないと思い込んで引き篭もる人がいる。
働ける身体を持ちながら、生活保護に頼る彼ら。

そんな彼らのためにも、キューちゃん、高橋尚子選手は発言したのかもしれない。

「二十四時間という時間は平等に与えられたチャンスの時間です。
二度と来ない、この一日の時間を精一杯充実した時間にしてください」

暗闇に落ち込み目指すものを奪われた失意の年月の果てに、栄光を掴んだ彼女の言葉。
その暗闇の中にいる間、彼女はその境遇を怨むのではなく、周りや自分に寄せられる言葉に、ただ、感謝し、自分の力で自分を立て直した。
「今日は皆さんのおかげで私はとてもいい日になりました」
国民一人一人に彼女は「ありがとう」と言ってくれた。

自己の記録と名誉のために走るだけでなく、走ることで社会への価値提供をしている彼女。
彼女の言葉が一人でも多くの迷える子羊に届くことを願わずにはいられない。

誰も代わってくれない自分の人生。
自分を愛し自分を信じて真っ当に生きていれば、どんな人間にも機会は与えられ、道は開けていく。
私はそう思っている。

「あなたに感謝」
どんな時でも、巡り来るものにそう言えるようになれば、どこにいようと何をしていようと心配は要らない。

|

« 北帰行 | トップページ | 秋のおすそ分け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなたに感謝!:

» 夢に向かって [ワクワク♪しましょ!]
今回ブログのお休み宣言をあえてしたのは、もう習慣にになっているせいか、すぐPCを触りたくなる。宣言をしとけば、自分の心の整理ができたんです。しかし、いろんな情報を見たり聞いたりすると、書きたくなる。その中でお休みしている間に、どうしても書きたかった事があり....... [続きを読む]

受信: 2005.11.24 01:02

« 北帰行 | トップページ | 秋のおすそ分け »