« 今朝の夢 | トップページ | 勇者に »

2005.10.23

着替えできる傘?

また、夢を見た。

着替えできる傘の話。
誰か作ってみませんか?
お洋服に合わせて傘も替えると言うのはオシャレな方には常識。
でも、傘って、結構「これだ」って物が無いんですよね。
模様とか、持ち手とか、骨組みとか、パーツを組み立てて簡単に自分仕様の傘って、良いと思いません?

ちょっと出かけるので、また、後で。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね

追記18:00 

――と。

朝、相変わらず変な夢を見て起きた。

どうも、この前から壊れた傘の捨て方を悩んでいたのが原因らしい。
分別が煩いこのあたり、他の人が捨てているのを見ると、張ってある布を取って骨組みだけにして捨てている。
そんな面倒なと思っていたからだろう。

それにしても、今朝目覚めるまでの24時間で、18時間も眠っていた。

それでもまだ眠い。
今年から私、とうとう冬眠?
気温が15度を下回ったら、眠り始め、来年の春までうつらうつら――それは経済的だわ。
来年冬眠から目覚めると細々していたというのはラッキーかも!

そんなアホなことを考えつつ、ぼおっとしたまま出かけた。
国道に出ると、なにやら、前が渋滞中。
「日曜ドライバー? 迷惑な!」
のろのろと走る車を次々と抜いた。

やがて、渋滞の張本人の車の隣に並んで、横を見たら、それは・・・パトカー。
ヒヤッとしたおかげで、すっきり覚醒。
――調子に乗って、パトカーを追い抜かなくてよかった・・・

作品のチェックを終え、帰って、昼からのレッスン。
その後、作品展の撤花のためにまた出かけるというなんとなく一日中ばたばたした日。

一昨日、私が地震雲の話をしたのを聞いた生徒達は、帰りがけ、地震雲を見たらしい。
「やっぱり昨日あったね」と話していた。
地震雲、馬鹿にならないかも。
でも、どこでどんな震度でと言うのが解らないのでは、気づかないのと同じ?

などと言う10月23日。
去年の今日、あの新潟の地震は起こった。
一年経っても、まだ、復旧していないところもある。
帰らない命がある。
あの地震で狂ってしまった人生もあるだろう。

エリザベス・キュブラーロス氏が去年の8月に亡くなられる前に著された予言。
それは、その後の数多くの地震、洪水、暴風などの自然災害で証明されている。

そして、これからの自然災害を避ける方法はすでに解っている。

「自然をうやまうことを説き、霊性の必要性を説くために」にこの災害と天変地異が起こっているのなら、自然を敬い、霊性の必要性に人間が目覚めれば良いだけ。

それは、一人一人が目覚めるしかない。
一人がやがて全体になっていくのを待つしかない・・・

|

« 今朝の夢 | トップページ | 勇者に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/6525811

この記事へのトラックバック一覧です: 着替えできる傘?:

« 今朝の夢 | トップページ | 勇者に »