« 万博5回目 | トップページ | 治水 »

2005.09.23

化け猫三匹、万博を行く!

Ca320051x「なんか空いている気がするにゃ」・・・これが昨日の私の感想。
私の場合、25万人以上入った日に来たことの後遺症?
「うにゃ、こんな混んでいるのは初めてだがにゃ」と、万博三回目の名古屋在住のMちゃん。
「ふうん、こんなものなのにゃ? もっと混んでいると思っていたにゃ」
と、券を持っていたのに初めて来た駆け込み入場の豊橋のY子。
今回の入場券は彼女の在庫品。

――今日の会話は、にゃんこ語に変換しているので、「読み辛いにゃん」かも。

今回のルートは愛知環状鉄道~万博八草でリニモ乗り換え~北ゲート。
Y子と私が北ゲートに着いたのは午前8時半。
すでに開門していた。
30分ほど並び、9時にようやく入場。
反対側から来るはずのMちゃんは朝寝坊して一時間ほど後れるとの連絡が入ったので、先にキッコロゴンドラでグローバルコモン4に移動することにした。

キッコロゴンドラは朝早いせいか、ガラガラ。
しかし、隣の日立館と向こうのトヨタ館の係員が叫んでいる声があたりに響く。
「日立館は5時間待ちでーす。途中で抜けられた方は列の元の場所には戻れません」
「トヨタ館、これから並ばれる方は8時間待ちになりますよー。
整理券は配布していませんよー」

ほよ、その八時間待ちの列に、みな並ぼうとしている。

キッコロゴンドラで空中散歩を楽しみ、着いたグローバルコモン4はまだ人がいない。
この前見逃したロシア館でマンモスの骨を観、リトアニア館に入り、チェコ館に入り、イギリス館に入り、ベルギー館に入り、北欧共同館でお茶しながら、Mちゃんの到着を待つ。

私は、北欧共同館が大好き。
あそこの針葉樹の匂いのするティールームでお茶すると、本当に癒される。
待っている間、願い事をプリントした用紙を織って船を作り、北欧共同館の中に流れる小川に流した。

Mちゃんはあまりの行列にキッコロゴンドラには乗れなくて、ループを歩いて来たと、ゼ~ゼ~しながら現れた。
途中でモリゾーとキッコロに遭えたらしい。良いなあ・・・

「どこ、行くにゃ?」
「どこでもいいにゃ」
「エジプトが見たいにゃ!」とY子。
経験者二人は顔を見合わせたものの、そちら方面に歩くことにした。
空が曇っていて涼しいせいか、今日はミストが出ていない。

「リトアニア館が空いているにゃ!あそこはまじ、オススメにゃよ」
立ち止まって、Mちゃんが叫ぶ。
リトアニア館は私もまだ見ていなかった。
20分ほど並んで入館。

リトアニアは製塩が盛んな地のようで、パビリオンの中には塩が敷き詰められ、そこの中央に木道があった。
その道を通り、向こう側にギシギシに詰められた。

「いいにゃ、この場所全体がエレベーターなのにゃ。
上は四方にバルコニーがあってここを見下ろすような構造になっているにゃよ。
上がったら、向こう側に向かって走るにゃ、解ったにゃん?」

真剣な顔つきのMちゃんの仕切りに頷き、上がるとすぐにバルコニーを駆けて、反対側に向かう。
バルコニーからは、さっき、歩いてきた塩が敷いてある階下の部屋全体を見下ろせる。
すると、その正方形の空間がスクリーンになった。

そこに蛇のように尾の着いた凧が飛んでいるのを上空から覗くような映像が・・・
つまり、我々は上空からリトアニアを覗く形になった。
森、海、島、漁船、塩田、そこで動いている人々が上を見上げて手を振る。
美しい自然と人々の笑顔に、Mちゃんは感動して、絶対私達に観て欲しかったのだと言う。

帰り、塩を無料で貰えた。
食べないようにと但し書きが付いていたけど・・・

さて、リトアニア館の出口からは、イタリア館の出口が見える。

「イタリアに行きたいにゃ!」と私。
だって、過去4回、何時も長蛇の列で、入れなかったんだもの。
「それ、いいにゃ」と二人も賛同してくれて、イタリア館に並ぶ。

「今日は、なんだか、列が短いにゃよ」
「そうなのにゃ? これでも十分長いと思うがにゃあ」
「うにゃ、混んでいるときはこんなもんじゃにゃいよ」
「そうにゃ、今日はとてもラッキーにゃのにゃ」

万博先輩の二人は訳知り顔で、新参者に諭す。
そんな感じで並んでいると、あっという間に時間が過ぎる。
20分ほど並ぶと、入場できた。

二千余年の永い眠りから目覚めた「踊るサテュロス像」。
無残なくらい壊れているけど、それでも凄い躍動感!

1998年、イタリア南部シチリア島沖の水深480mの海底から引き揚げらたもの。
両手、右足が失われている。
どうも、ロバのように先の尖った耳があり、尻尾も有ったらしい。
(お尻に大きな穴が開いている)
サテュロスはギリシャ・ローマ神話に登場する「森の精」で、葡萄酒と享楽の神デュオニソス(バッカス)の従者。
これは、酔っ払って楽しく踊っている姿のようだ。
「どうよ、凄いだろ?」って感じで、イタリアはこの像をメインに構成している。
「へっへー」と恐れ入ってしまった。
でも、偉いのは古代人ですから~残念!

Ca320046xイタリア館で二階に通じる階段を発見し、言ってみると、カフェだった。
そこで私とY子はパニーニを齧り、カプチーノを飲む。
Mちゃんはチーズとスパークリングワイン。

「ふう、イタリア気分だにゃー」
「にゃんとも、にゃんとも」
「これ上手いにゃ!」
と良い気分の化け猫三匹。
さっきの北欧合同館で、お茶と一緒にソーセージドッグを食わんかった?

上機嫌でイタリア館を出てドイツ館に向かうと、さすがにドイツ館、「並ぶのもダメ」と叫んでいる。
「けち!」

仕方なく、そのまま、エジプト館に向かうがここはかなりの列。
諦めて、アフリカ方面をぶらぶら。
「これは物産展にゃ?」と初心者のY子。

次にマンモスを観ようと言うことになった。
「私もマンモスを観ていないにょよ」と私。
「そりゃいかんにゃ、マンモスは観にゃ・・・」
グローバルハウスに入るのは整理券がいるけど、マンモスだけは並べば観られるらしい。
早速並ぶ。
30分ほど待って、1分間で、終了。

薄暗いガラスケースの中に、何万年も前にこの地上を闊歩していたマンモスがいるのはなんか不思議。
死んですぐに凍らないとあんな毛の残ったような状態にはならないだろう。
とすると、死の瞬間、あのマンモスはさぞかし辛かっただろうなあ・・・


「次はオーストラリアにゃ!」
元気な友人のお言葉に、気を取り直して、グローバルコモン6に向かう。

ここで、東南アジアの国々を巡る。
スタンプを集めているMちゃんは必死。
こことかアフリカには小さな国がいっぱいあるので、スタンプの場所もいっぱいあって、大変な様子。
なかなか帰ってこない。

Ca320054xお目当てのオーストラリア館は「カモノハシ」がメインキャラクター。
バオバブの木の映像と映像のトーテムポールを観たが、最後の巨大カモノハシですべて吹っ飛んでしまった。
カモノハシ、恐るべし!


「で、どうするにゃん?」
「万博なら、やっぱ、ロボットが見たいにゃん」
ということで、ロボットステーションへ向かう。

Ca320060x
歩いていくと、ロボットステーションのまえで、もぞもぞと動いているものが・・・
係員に聞くと「ゴミ箱の取替えロボット」

ゆっくりゆっくりと、ゴミ箱を持ち上げ、戻る一台目。
そのあと、ゆっくりゆっくりと新しいゴミ箱を置く二台目。
「あのにゃ、あのロボット購入する経費で、アルバイト募集したほうが良くないかにゃ?」
「10人くらい雇えるかもしれないにゃ」

ロボットステーションの中に入ると、ロボットがいっぱい。
「わ、握手するにゃ」
「写真撮るにゃ」
二人は大騒ぎ。
恐竜型ロボットもドシンドシンと動いている。
見とれるあまり、写真を撮り忘れた、残念!

で、外に出ると、お腹が・・・(もう、空いたってか?)
そこで、店に入り、蟹の押し寿司と海老フリャーを食べる三匹。
「じゃ、5時前だからグローバルハウスの整理券貰いに行くにゃ!」
「グローバルハウスってなにがあるにゃん?」
「ソニーの大型テレビとマンモス」
「また、マンモスにゃ?」
「ま、いいにゃ、マンモスもう一回観るにゃ」

急いでいくと、整理券を貰うにも凄い行列。
それでも何とか、6時40分からの券をゲット!
それまでの時間つぶしにグローバルコモン1に向かう。

空いているところを廻り、イラン館で熱い紅茶を頂く。
歩いていてもそんなに汗をかかない日だったけど、紅茶を飲むとどっと汗が噴出す。

「なんか、中東のバザールでお茶しているような気がするにゃ」
「といっても、周り日本人だらけにゃん」
「だから安心していられるにゃん」
じっくり休み、メキシコ館を目指す。

メキシコは私のオススメ。
ほっとする空間。

といってももう時間が無い。
あわてて、グローバルハウスに向かう。

すでに物凄い列。
「整理券があっても行列するにゃん?」
「一回にどっと入るにゃ」
「にゃるほど」

やっと入れたブルールーム、ソニーの50m×10mの大画面に圧倒される。
地球をテーマにした映像。
なぜか太陽が映ると、ムシッと暑くなった。

内容的にはちょっと、不満足な私。
だけど、二人はかなり感動していた。
「今のが一番良かったにゃん!」初心者が叫ぶ。
「あの画面が欲しいにょん」って、Mちゃん、あなた・・・

とりあえず、これを観たら帰ろうと決めていたので、北ゲートに向かう。
リニモは30分待ち。
諦めてシャトルバスに乗り、万博八草に向かう。

駅で名古屋に向かうMちゃんと別れ、二人で50分間電車に揺られて帰ってきた。
更に豊橋のY子は車で1時間弱。
長~い、化け猫(?)三匹の万博行が終わった。


c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね

ながなが、読んでいただいて、ありがとにゃん!

最後に皆様に、メキシコのナワトル語の詩を・・・

わしらは皆はかない存在だ
皆いつかは逝ってしまう
だから尊重し合わねばならない
だからこそ人生の酸いも甘いも味わい
大切にとっておかなければならない

|

« 万博5回目 | トップページ | 治水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 化け猫三匹、万博を行く!:

» 雑談部屋/サテュロス/サテュロスについて [Alcohol Town]
Prev 雑談部屋 Next サテュロスについて ↑ サテュロスについて 掲示板 踊るサテュロス > りんくす? (2005-09-23 (金) 22:56:49) ニュース速報 WWWサーチ 画像サーチ 関連Blog アフィリエイトプログラム「DreamPartner」 掲示板 ↑ ...... [続きを読む]

受信: 2005.09.23 23:24

« 万博5回目 | トップページ | 治水 »