« 万博だがや | トップページ | 月がとっても青いから »

2005.09.12

当選議員は万博に行こう!

やでやで、選挙が終わったよ。

自民党圧勝に終わった今回の選挙。
そうなるだろうとは思っていたので、驚きはしなかった。
今度の選挙のこの結果は、二大政党を目指すと言いながら、この選挙に対する姿勢を間違った民主党のせいでもある。
彼らは、郵政民営化に賛成とも反対とも明言できなかった。
この頼りなさに国民は失望し、結果として、自民党を選ばざるを得なかったのだと思う。

つまり、小泉首相の覚悟に対して、岡田さんが怯んだようにしか見えなかったのが民主党の敗因。

一国の総理が総辞職してまで民意を問うと言う姿勢に、国民は「そうか、我々に訊いてくれるのか?」と嬉しくなっちゃったのだ。
そこで、対抗策としては、岡田民主党党首も「我々はもっとはっきり郵政民営化をしていく」と言い切り、その上で年金はどうだ、消費税はどうだと言えば良かったのに、それを無視してしまった。
つまり、民意は郵政民営化賛成なのだという至極当たり前なことに気づかなかった鈍感さはどうしようもない。
一般の民のほうを向かずに、支持団体のほうを向いてしまった結果ともいえる。

この結果がどうなるかは、今の段階ではわからない。
たぶん、圧勝すぎた弊害は徐々に出てくると思う。
だが、これで調子に乗り、好き勝手に動くと、今度は本当に自民党は潰れる。

「禍福は糾える縄の如し」と言う言葉を自民党には贈ろう。

この国民からのメッセージを読み違えてはいけない。
改革を進め、小さな政府を作り、今の痛みを将来の幸福に繋げる努力をしなければならない。
国民は今までの国民とは違う。
政治を子供でも語る時代になっているのだという自覚のもとに、ガラス張りにしていく努力をしなければならない。

今度当選した新人達が、高学歴、高収入、政治家の二世などが多いと、心配している向きもある。
そんな順風満帆に生きてきた人々には、弱者の苦しみなど判らないのでは? という人もいる。
しかし、高学歴だから、高収入だから、二世だからダメと決め付けるのもどうか・・・
彼らがどういう国会議員になるかは、選んだ国民にも責任がある。

今回当選した衆議院議員は改革せよ、もっと公正な社会にせよという信託を受けたのだと自覚して欲しい。
国民はちゃんと目を光らせている。
苦しんでいる分、その公正さを求める気持ちは強くなっている。

ま、とりあえず、国会議員は25万入っている万博の有名なパビリオン、トヨタ館とか日立館とか、日本館で朝早くから並んで欲しいな。
(あ、ドイツ館も良いかもね。女性用トイレなんても結構効くかも)
あの列に並ぶと国民の気持ちが良くわかるよ。

炎天下にあの列に人が並ぶのは、皆が等しくその苦しさに耐えている、苦しんでいるのは自分だけではないという思いと、並んでいればいつかはそのパビリオンに入れるという約束があるからこそ。

苦しむのを嫌がって、列に並ばずに木陰で昼寝していれば楽だが、何も見られずに帰らなければならないし、待たずに横からすっと入ったりしたら、皆から非難を受ける。
どんなにズルや不正をする奴らに、文句を言わずに並んでいる人たちが怒っていることか、憎んでいることか・・・
そのうえ、全員が入らないうちに閉館したりしたら、暴動が起きかねない。

今の日本はそう言う状態なのだ自覚して欲しい。

人の思いは怖い。
勝って気分の良い今こそ、その怖さを思い知って欲しい。


c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね

|

« 万博だがや | トップページ | 月がとっても青いから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当選議員は万博に行こう!:

« 万博だがや | トップページ | 月がとっても青いから »