« 2005・敬老の日 | トップページ | 太蔵、頑張れ! »

2005.09.20

幸せを足すと

さて、今日も楽しい一日だった。
今日の一番のラッキーは、「新PPetshop Of Horrors」を、何気なく入った書店で見つけたこと。
D伯爵にまたお目にかかれるなんて、うるうる・・・

そうだ、「ハウルの動く城」のDVDを予約するのを忘れていたわ。
今度行ったら頼んでおかなきゃ。


などと、お気楽なことばかり考えて生きていると思えば、結構、これでシリアスに悩んだりするのですよ。
で、そのシリアスな問題が一つ片付きそう。嬉しい!

実は我が家の前にはクルマが一台置いてある。
クラシックな風貌を気に入って買った軽ワゴン。
花の配達にも活躍しそうな奴なのだが・・・

その車を買ってすぐに、買った販売店が潰れた。
そこに修理や車検を頼んでいたので、頼む当てが無くなり、つい、安い車検専門店に車検に出した数日後、なんか、車輪からカラカラ音がしだした。

その店に文句を言うと直してくれたのだが、すぐにカラカラ鳴り出す。
それどころか、ハンドルがドンドン重くなっていく。

もう一度持っていくと、うちでは修理できないと言い出した。
どうも、心臓部がおかしいのではと言う。
そこで、その会社のディラーに電話をすると、突然、そこの修理担当者が怒鳴り始めた。

「そんな安い車検屋で車検を取っているからそう言うことになるんだ。
だいたい、あの店は何時もそうなんだ。
自分とこで壊してこっちのせいにする。そんなクルマを見る筋合いはない!」

ぶったまげただよ。

それでも、造った会社に見てもらうしかないと言うことで、持って行くと、
「調べるだけで30万くらい掛かる」の一点張り。

話にも何もならずすごすごと家に持ち帰り、そのまま動かなくなって、今に至っている。
四年間もね。

で、こっちもいい加減頭にきて、ぼろぼろになるまで庭で晒し物にして、何故あの車を置いているのかと聞かれるたびに、この話をしようと固く決心した。

クルマはすでに、物置と化している。
でも、なにせ、シートもそのままだし、ガソリンも残っているので、困っていた。

この前、生徒と話していてそのことを愚痴ったら、なんと、お父様がシートを取り除き、物置にしてくださるとのこと。
まあ、愚痴も言ってみるものですわ。ホホ。

ここまでで、なんと不運なと思った方、私のこんな話はまだまだ、山ほどありますわよ。

我が家には地上げされ嘆きのあまり亡くなられた方の霊がお住まいになって居られたし、店をやった場所は有名な古戦場跡で、幽霊は出るわ(私は見たことはないけど)ラップ音はするわ(これは恐ろしいほどビシバシいっていた)、その上ある生霊まで憑いていて、剣山と称されるような場所だったのだから、もう、何でもあり!

雇ったパートさんに、「配達に行って」と頼んだら、「そこには行ったことが無いからあなたが行ってください」と言われた店主なんているもんじゃないと思うけど。

そんなことも、今は良い思い出(なわけないじゃん!)にはならないけど、人の裏側をタップリと見せていただいたのは、悪くなかったと思っている。
だって、私、小説家志望だし~♪

そんな目に遭わないほうが幸せに決まっている。
だけど、遭っても、不幸じゃない。

不幸は自分に起こることに負けて、何もかもを憎み怨み嫉妬するようになることだ。
それは、誰のせいでもなく、自分のせい。

私にはこれからも様々なことが起こるかもしれないし、その都度、悩んだり怒ったりするだろうけど、自分を不幸にするのだけどやめようと思っている。

だから、マンガを読んで、好きな音楽を聴いて、歌を歌って、美味しいものを見つけて、小さな幸せを自分にあげている。
この瞬間瞬間、幸せな私を積み重ねていけば、私の人生は幸せそのものになるんだから。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


|

« 2005・敬老の日 | トップページ | 太蔵、頑張れ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せを足すと:

« 2005・敬老の日 | トップページ | 太蔵、頑張れ! »