« やでやで、選挙だよ | トップページ | サン・スーシィ »

2005.08.10

痛み分け

今日も一日、報道は解散総選挙。
小池前環境大臣が小林 興起前衆議院議員の地盤、東京10区から出馬を決めたらしい。

「ぜ~ったいに許さないもんね~ 」by小泉。
ということだろうか?

今回は郵政民営化反対派も、野党も読み違えてしまったようだ。
ひとつでも行政改革に反対をしてしまうと致命的になるとは思わなかったらしい。

郵政民営化なんてたいした問題ではないと思っていたのかもしれないが、皮肉なことに反対派の存在により、郵政民営化が何故必要かが明確になってしまった。
郵貯の莫大な資金がどんどん無駄遣いされていた現状も見えてしまった。

国民はもう民営化に伴う痛みなどたいした痛みじゃないと思っている。
自分達はもっと痛んでいるし、その痛みを受けるときには誰も庇ってくれなかったのだから。
「自民党はもっと、思いやりのあると党だったはず」という反対派の議員達は、本当に世間知らずだ。
そんな思いやりを示したら、それこそ、自民党は存続不可能なダメージを受けるだろう。

そんな世の中が「正しい」のか、「良い」のかと言うと、それは正しくも良くも無いと思う。
もっと、思いやりや、話し合いが通じる世の中のほうが楽しいし、生きやすいと思う。

でも、古い日本を放棄し、新しい世界に通じる国にしようと決めたのは議員達自身、官僚達自身だ。
この方向付けをしてしまった以上、自分達だけそこから逃れようとするのは間違いだ。
同じ痛みを引き受け、同じく苦難を乗り越えて、それから、やり直すしか道は無い。

私たちは痛みを引き受けよう。
子供達のためにこの社会を変えると言うなら、この痛みに堪えよう。
その代わり、あなた達も痛みを引き受け、個々に置かれた立場で最善を尽くして欲しい。
それが成し遂げられたとき、私達は心からの感謝と賞賛をあなた達に贈ろう。
同志として、尊敬する指導者として、あなた達を褒め称えよう。

今度は、民衆が官僚や議員にそう言う番だ。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね



|

« やでやで、選挙だよ | トップページ | サン・スーシィ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47656/5395826

この記事へのトラックバック一覧です: 痛み分け:

« やでやで、選挙だよ | トップページ | サン・スーシィ »