« バテバテ・・・ | トップページ | 残念! »

2005.08.05

何れの生に・・・

Dsc05186x
最近、覗かせていただいていたブログが閉鎖されたり、休止している。
にゃんとも寂しい状況だにゃ~。

確かに毎日エントリーするって、心身ともに疲れる。
特に今日みたいに、一日中、郵政民営化のゴタゴタを見せ付けられ、あまりの混迷振りにイライラするようなときには、過激なことを書いてしまいそうになる自分を抑えるのに、くたびれる。

―― 一年がもうすぐやって来る。
ブログを始めた時に一年は書き続けようと決心していた。
書くのが楽しかった時期も、嫌になった時期もあるけど、もう少しで一年。
頑張んベ~。

この一年で、日本は変わった。
それが良いほうに向かっているのか、最悪のシナリオに向かっているのか判らない・・・
その評価が出るにはもう少し時間が掛かりそうだ。
だが、若い生徒達は時々、不安を洩らしている。
「私たち、戦争に行かなきゃいけなくなるかも・・・」
「次の30年はあなた達の願った世界になるのだから、自分の責任において、きちんと投票してね」
解散になったときには、その言葉を思い出してくれると良いのだが・・・

さて、この一年で私も少し変わった。
自分の馬鹿話を文章にすることは、煮詰まった思いを薄めることになるらしい。
少し軽やかになった私は、こんなことを考えている。

日本のみならず、今の世界を覆っている、なんともいえない閉塞感を打ち破るにはどうすればよいか?
「個々の人間が生きる意味を考える」――それに尽きる。

人は政治信条のために生きるのでもなく、経済的安定のために生きるのでもなく、この世界にいる喜びを感じるために生まれてくる。
他人とのふれあいや、地球上のありとあらゆる生物との出会いや、自然の美や厳しさを感じるためにやって来るのだ。
この風や、土の匂いや、瞬く星や、日の光の眩しさ、愛するものを抱きしめるその感触や、失う悲しみや、手に入らないもどかしさを感じるためにやってくるのだ。

でも、それが問題なのかもしれないと思うときもある。
人が輪廻転生を繰り返しているのなら、その欲求は次第にエスカレートしているのでは?
前世で得た以上の喜び、悲しみ、苦しみを求めて、ドンドン物事をややこしくしていっているのかも・・・

霊的存在になると未来も過去も関係ないらしいけど、人と言う器に入るとどうも、面倒なことを考え始めるらしい。
まあ、それも想定の範囲内なのかもしれないけど。

今の境遇に物足りなさを覚えることこそが、個々の人間の発展に繋がるのだけど、あまり欲張らずに生きるのも良いのでは?
せっかくの美しいものを見逃してしまうよ。

最近、ご先祖様のために、毎日、般若心経を上げているのだけど、三帰依文と言うお経の
「この身今生に於いて度せずんば、更に何れの生に於いてかこの身を度せん」
と言う一文が身に滲みて・・・つい、そんなことも考えちゃうのよね。

c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね


言葉足らずのままUPしてしまったので、書き直しました。
先の文章を読まれた方、ごめんなさい。

|

« バテバテ・・・ | トップページ | 残念! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何れの生に・・・:

« バテバテ・・・ | トップページ | 残念! »