« 美女で熟女だった私 | トップページ | 常任理事国 »

2005.05.19

愛知万博

真夜中に書いたとおり、昨日は愛知万博の一日。
年若い生徒と行った。

Dsc04938ll
リニアの駅を降りて、
「ねえ、なんか老人度高いわよね」と私。
「なんか、おじいちゃんの匂いがする」と彼女。

企業館はすでに3時間待ちと係員が叫んでいるので、キッコロ・ゴンドラで、向こう端まで行くことにした。
ゴンドラで同席したやけに元気なおじさんは、大人しい奥さんらしきおばさんに、色々説明している。
「あそこが混んでいるときには、このルートが正解なんや」
そして、写真を撮って喜んでいる私を尻目に、奥さんを叱り付ける。
「こんなところでパチパチ撮ったら、向こうでフィルムが無くなるだろうが」
それからも、万博の見所や説明を、滔々と述べておられた。
その張り切りようはほほえましいくらい。
中高年の活性化も万博効果のひとつ?

ゴンドラを降りるとそこはグローバル・コモン4(ヨーロッパ)。
まず、イギリス館を見に行く。
ちょっと、拍子抜け。
イギリスはこの万博に力を入れていないみたい。
イラク戦争でそれどころじゃなかったの?

リトアニア館にはスーツにネクタイ姿の人が大勢入っていった。
もしかしてエージエント?

そのエリアで、良かったのはベルギー館。
チョコレート、ゲット!
でも、つり銭がないという。
嘘でしょう?
北欧共同館も良かった。
Dsc04959llそこではソーセージドッグを食べて、満足。
ちょっと固めのパンだったけど、きゅうりの細切れが入った香りの良いものだった。
ロシア館はなぜか閉館中。

ぶらぶら歩いて、グローバル・コモン3へ移動。
フランス館・イタリア館・ドイツ館は長蛇の列。
諦めて、NEDOパビリオンに並ぶ。
50分待った。
内容は、お子様向き。
あれは子供に席を譲ってあげたほうが良いように思う。
そのあとスペイン館。
少し並んだが、入れた。
この辺りから、大粒の雨が降り始めた。
エジプト館は物凄い混雑。Dsc04967ll
←これは私のお気に入り。
パピルスにエジプト文字であなたの名前を書いてあげます(500円)というのがあって、長蛇の列。
500円って、日本人にはそんなに高価ではないかもしれないけど、エジプトでは結構な金額なのでは?
なんて思う私は、もちろん、書いてもらわなかった。

その後、グローバル・コモン6(オセアニア・東南アジア)へ移動。
アジアの物産展みたい。
それも、アジアン雑貨の輸入販売店よりもしょぼい。
あの津波の影響?

そこから降りて、日本館と大地の塔に向かう。
日本館の待ち時間が3時間と表示されている。
雨もひどくなってきた。
空いているトイレを探しているうちにサツキとメイの家のすぐ近くまで行ってしまい、そのまま見ることに。
Dsc04975ll
普通の家だった。
その手前の日本庭園のほうが素敵。
Dsc04973ll
 
  
 
寒かったので、ラーメンを食べ、日本館に並ぶ。
50分待ちとさっきよりも待ち時間が短くなっていた。
雨のせいと、バス利用客の帰る時間が過ぎたかららしい。

長久手日本館は、まじ、オススメ!
球体の中での映像は素晴らしかった。
あれだけで、今日の収穫はあったと思えるくらい。

それから、また、歩いて日立館を目指す。
暗くなり風が冷たい中、110分並んだ日立館。
なかなか楽しかった。
Dsc04979ll

世界が様々な輸送機関で繋がっている現在、万博をやる必要性はあるのだろうか?
と思わないでもない。
 
森をつぶすのに反対運動が盛んだった理由が納得できるほど、キッコロ・ゴンドラから見た森は豊かで、日本はまだまだ大丈夫と思えた。
あの万博で見たどのパビリオンよりもあの自然は素晴らしい!
Dsc04947ll

森は放ったらかしにすると滅びる。
これを機会に、あの森の整備も出来れば、万博のひとつの成果になるだろう。

また、機会があれば行きたいなあ・・・
でも、気の会わない相手と行くと喧嘩別れしそうなくらい混んでいる。
行かれる方は同行者を選んだほうが良いかも!


c-rawumber ←さて、今日のブログランキングは?
 ポチっとしてね

|

« 美女で熟女だった私 | トップページ | 常任理事国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛知万博:

» 着いた〜 [ボソっと言ってみっか・・・]
駐車場から入口まで遠い…… [続きを読む]

受信: 2005.05.22 01:12

» 愛知万博 − 宝物はどこだ? [親愛なるアナタへ]
愛知万博イギリス館のイングリッシュガーデンにある立て札には、次の詞が記されている。 2005年2月24日 満月の夜  月からの隕石がこの庭に落下したが 未だに見つかっていない イングリッシュガーデンにある9人のアーティストの現代芸術には、多様なメッセージが込... [続きを読む]

受信: 2005.06.20 11:13

« 美女で熟女だった私 | トップページ | 常任理事国 »