« 天を差す指 | トップページ | 2005年の雛祭 »

2005.03.02

ひろしと忘れな草

Dsc04733ll朝、農園に行ったら、勿忘草(わすれなぐさ)が・・・
♪忘れなの花の香りよ~
と思わず歌いたくなってしまった。
「私を忘れないで」と言う花言葉。
今の時期、この花言葉に涙する人、多いのでは?

部屋の中で写真を撮るといまいちなので、外へ。
昨日の暖かさが嘘のように、今日は風が冷たい。
その風に震える様がなんとも可憐。
やはり、この空色の花は青空の下が似合うみたい。

そういえば、新婚旅行の思い出にと買ったカップの模様はこの花がモチーフ?


昨夜、細木数子氏の番組を見た。
――館ひろし氏って、伊達に遊び人の噂を立てられたのではないのね。

彼が、八方美人だと言われて悩んでいる女性に、放った言葉。
「変わらなくて良いじゃないですか。女性は変わらないですよ」

うーん、なかなか。

細木数子氏も、男は変わるるけど女は変わらないという。
そうなんだろうな。
変わらないんだろうな。
どの辺りから女性は変わらなくなるのだろう?
幼稚園? 小学校? ・・・社会人になってから?
そこら辺を舘氏がどう考えているのか、聞いてみたい。
熟年離婚が流行っているけど、それも、その変わらない女性と変わってしまった男性のすれ違いによるもの?

「重い女」と嫌われる女性からの相談に、舘氏は若い頃、心底のめりこんだ女性が母親から教えられたと言う教訓を披露してくれた。

「料理を作れるといわない。
愛していると聞かない。
あなただけと言う態度をとらない」

(うろ覚えにつき、間違っているかも)

ファムファタールってこういう人なんだろうな・・・
まあ、これは、他の部分で相手を惹きつけるものが無ければ、無理だわ。
それこそ、ヒロシのように、「何時からいたのと聞かれましたが、最初からいました」状態になってしまう。

舘氏は死語になった「ダンディズム」を漂わせていて、50代半ばと言うのにお腹も出ていないし、容姿も衰えていない。
はにかむ様な笑顔も素敵。
と、にわか舘ファンになった私だが・・・
私が彼の前で、「私の作る肉じゃが、評判いいのよ(嘘)」とか、「こんなおばさんは嫌いでしょ?」とか、「いつも見ています」とか言わないで、黙っていたんじゃ、通りすがりの無愛想なおばさんで終わっちゃうじゃない!

やーっめた。

自然でいられない相手と一緒にいるのは疲れる・・・あ、そっか、生まれたときから変わっていないんだ、私。


Dsc04735llちなみにコーヒーカップはこれ。
確か「クリプトン」と言う名前だったような・・・
c-rawumber
 ←さて、今日のブログランキングは? 
ポチっとしてね。

|

« 天を差す指 | トップページ | 2005年の雛祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひろしと忘れな草:

« 天を差す指 | トップページ | 2005年の雛祭 »