« 成功者 | トップページ | 元素占い »

2005.01.22

ショッピングセンターで考えた

05012201ll今日は名古屋から友人の友人が来て、三人で近くのショッピングセンターをはしご。
(←アジアン雑貨の店で衝動買いしたカエルの魔よけ)
最初に行ったのは今話題の西武系のショッピングセンター。そこに入っている専門店を見て、次のイオンと西武百貨店の入っているショッピングセンターへ。桁外れに規模も違うが、桁外れに客数も違っていた。

昨日、週間文春の渡辺絵美さんの手記を読んだ。

堤オーナーが以前、監督に「やりたければ来期もどうぞ」と発言した時も、どういう人かと驚いたが、今回の手記を読んで、呆れた。
それでも、彼の影響力が強い間は、口を噤んでいたのに、ここに来て彼の凋落に追い討ちをかける発言があちこちから出るのは、「ちょっとなあ」とも思う。

あの文章すべてが本当なら、悪いのは彼ばかりではない。
周囲のすべての人間が、そのことに加担している。

最近、コクドと言い、NHKと言い、そのトップを非難する声が次々と上がっている。
悪いのはそのトップであることはもちろんだ。
だが、その独裁を許していた人たちには責任は無いのか?
そんなことを考えてしまう。

何かがおかしいと思っても、おかしいとは言えず、我慢するのがサラリーマン。
すべて会社のため、そう思って理不尽なことに目を瞑り、堪えていたのかもしれない。
だが、その結果、結局、会社の存続が危うくなっている。

おかしいことをおかしいと言えない体制は、誰も責任を取らない体制だ。
店で責任を取らない人が増えると、結局は客が取ることになる。
皆、権力者のほうしか見ていないのだから、客離れは当然だ。

そんなことを考え、最近の国と地方の権限委譲の話を思い出した。

国が地方に権限委譲していくのも、権限と共に責任を委譲し、動きをスピィーディにするのが狙いなのだと思うのだが、中途半端な委譲では、責任の擦り合いになりそうで不安。
すっきりとすべてを委譲してもらいたい。
そして、地方もしっかりと責任を持って、その土地の人のほうを向いて欲しい。

権限と責任がセットになっていないと、割を食うのは利用者なのだ。

一般ピープルの私たちは権限を選挙と言う形でしか与えられていない。
まずは、地元の代議士が何に賛成し、どんな活動をしているのかくらいは見張ったほうがいいかも。

それにしても、国会議員って選挙の時にしか見ないよね。
あの人、普段、どこにいるんだろう?


|

« 成功者 | トップページ | 元素占い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショッピングセンターで考えた:

« 成功者 | トップページ | 元素占い »