« 成人式に寄せて | トップページ | 犬の子守? »

2005.01.11

05011102ll山のほうでは雪が降っているらしい。
その冷気がこの辺りまで吹き寄せている・・・寒い日。

今日は花の仕事、その後レッスン。
今年初めてのレッスンだ。


今朝、面白いことがあった。

出かけようと玄関ドアを開けると、目の前の門へと続くアプローチに、猫がいた。
いつもうちの前にいる黒ぶちの猫だ。

猫はアプローチを横切ろうとしていたらしく、私のほうに左半身を向けていた。
右の前足を上げ、後ろ足は左右開いて、次の一歩に踏み出す瞬間だったらしい。

動くかと思って、待った。
・・・
  ・・・
     ・・・
が、猫はその格好のまま、右前足を上げ、尻尾も、顔すらも動かさない。
固まっている。

――もしかして、こいつって、私が気付いていないとでも思っている?
そんなでっかい身体で、しかも通路の真ん中にいるのに?

近寄っても、動かない。
まるで彫刻の猫のようだ。
私がその猫の後ろを通り、門を出るまで、そのままだった。

門を出て、振り返ると――猫はいなかった。

一瞬、夢でも見ていたのかと疑ったが、きっと、私が門から出るやいなや、脱兎(猫?)のごとく逃げたのだろう。

へーんな奴!
でも、可愛いから許す!

その後、帰宅して門を開けると、郵便受けの下で風を避けていたようで、今度はあわてて逃げて行った。
今日の寒さはあの子には辛いんだろうなぁ・・・

それにしても、ちょっとは甘えてくれてもいいのにね。


c-rawumber
 ←今日のブログランキングは?

|

« 成人式に寄せて | トップページ | 犬の子守? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 成人式に寄せて | トップページ | 犬の子守? »