« 今年は・・・ | トップページ | 醜いアヒルの子 »

2004.12.28

スマトラの地震に思ったこと

スマトラの地震はM9.0だそうで、今年最大の惨事になりそうです。
そうそう、知人は大丈夫だったようで、ほっとしました。
でも、多くの人々が犠牲になりました。

その瞬間、そこにいることの不思議をいつも思います。

たとえば、この前のエントリーでも書きましたけど、自動車が子供の通学の列に突っ込んで、犠牲者が出たような場合、死んだ子供と生きている子供の差は、ほんの数秒。
今度の地震でも、犠牲者の多くは観光に来た外国人のようです。
遠い異国に行き、あんな災害にあうのは、どういう廻り合わせ?

人生の不可思議を感じずにはいられません。

この前、ちょっと自分が嫌になって、どうすれば良いのかと考えたことがありました。
頭も痛くて、ちょうど、低気圧ガールの時のように苦しかったのです。
それで、目先のことにしか目が行かなくなっている自分を立て直すために、明るい未来を口に出して唱えました。
その内容はと言うと・・・

まず、5年後、私は花の仕事をしながら作家になっている。
――これが一番難しそうね。
でも、この際、一番難しいことを実現したことにしてみようと言うことで・・・

10年後、自分の好きなことが出来るだけの財を手に入れる。
――世界中を旅行します。

15年後、田舎暮らしをする。
――今済んでいるところも十分田舎だけど、その頃には都会になっているかもしれないので、もっと田舎に引っ越すのです。この前の小原村なんかいいわね。

25年後、老後に備えて、都会に移り住む。
――実は、元気でなければ、田舎暮らしは出来ません。自給自足なんて、私のような軟弱者には到底無理。

30年後以降、縁側で日向ぼっこしながら、猫の背中を撫ぜて暮らしていたが、ある日、縁側で眠るように死んでいた。春の午後、爛漫の桜の下で・・・
――今は犬派の私ですが、子供の頃は猫派だったらしいです。
今でも、生まれたところに行けば、座布団に猫を包んで背負っていた子と、近隣のおばあさん達の記憶に残っているうくらい。

こんな脳天気な未来予想図を口にしていると、すうっと、頭痛が治っていきました。
人間の脳の栄養って、笑いや希望や幸せな気持ちなのかもしれません。

「アルツハイマーになれば、目の前に刻々と近づいてくる加齢による衰弱死への懊悩を感じずに済む。
アルツハイマーは神様の贈り物だ」
と、昔、医師に言われたことがありました。

――津波に呑み込まれた人々の脳に急激なアルツハイマー現象が起こって、死の恐怖を感じずに済んでいたら良いなあ・・・
私が今の状態で、あんな目にあったなら、どんなにか辛いかと思うと、つい、そんなことを考えてしまいました。

c-rawumber
 ←ブログランキングにご協力を!


|

« 今年は・・・ | トップページ | 醜いアヒルの子 »

コメント

おじゃま致します。

コメントを戴きまして有難う御座いました。

私も阪神淡路大震災の被災者の一人といたしまして次から次と災害が起こる度に当時の辛さ悲しみをおもいだします。

人間共の悪行に神様が警告の意味を込めて天罰を下されたのでしょうか。

日本だけではなく世界規模での地球の異常さには、なにかそのようなことを感じさせられます。

地震災害は、突発的に何時何処で起きるか分かりませんが、人間ができる地球温暖化防止にはすぐにでも実行しなければ手遅れになります。
このまま放置しておれば、今回以上の天罰が下ることになるのでしょう。

被災されました皆様のご冥福を祈るとともにお見舞いを申し上げます。

おっちゃん

投稿: とり梅 | 2004.12.30 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマトラの地震に思ったこと:

» 神様お許し下さい、もうこれ以上は耐えられません [店長の日記(BLOG) - おっちゃんさんの日記 - 神戸のグルメな焼き鳥 とり梅]
神様はこの世の中の全ての人々に善人にも、悪人にも公平にクリスマスをプレゼントしてくれましたね。 でも、この地震のような仕打ちはもうお許し下さい。 律... [続きを読む]

受信: 2004.12.28 12:25

» 哲学、思想 [ブログ村 トラックバック広場]
哲学、思想専用のトラックバックセンターです。どなたでもお気軽にトラックバックしてください。 ... [続きを読む]

受信: 2004.12.28 21:26

« 今年は・・・ | トップページ | 醜いアヒルの子 »